感情的マーケティング(エモーショナル・マーケティング)

感情的マーケティング(エモーショナル・マーケティング)

Contents

マーケティングに感情は必要なのか、必要でないのか?

マーケティングと広告は、企業とその顧客とのコミュニケーションの一形態です。

マーケティングや広告は、企業とお客様とのコミュニケーションの一形態であり、適切に行われれば、企業との関係やロイヤルティを構築する上で重要な役割を果たします。

しかし、マーケティングを成功させるためには、単に事実を伝えるだけでは不十分です。

しかし、真に成功するためには、マーケティング活動は事実だけでなく、感情を呼び起こし、顧客を惹きつけ、行動を促し、より大きな成功に導くものでなければならないのです。

しかし、本当にマーケティングに感情は必要なのでしょうか?

マーケティングにおけるエモーションの役割 感情は意思決定プロセスにおいて重要な役割を果たしており、顧客の感情を利用することで、企業は顧客を顧客化できる可能性が高くなります。

感情的マーケティング(エモーショナル・マーケティング)戦略では、ブランドや広告会社は感情の力を利用して、企業と顧客の間に強い結びつきを築くことができる。

このようなマーケティングは、感情的なつながりを生み出し、お客様に何かを覚えてもらうのではなく、何かを感じてもらうことを促します。

感情的マーケティング(エモーショナル・マーケティング)のメリット

エモーショナル・マーケティングの最大のメリットは、マーケティングを一度だけの出会いから、継続的なつながりへと変化させることである。

顧客とブランドとの間に感情的な結びつきが生まれ、その親近感は顧客にとって忘れられないものになります。

さらに、感情はお客様にとって非常に強力で説得力のあるものであり、お客様が望むアクションを起こすための原動力となります。

感情的マーケティング(エモーショナル・マーケティング)の欠点

エモーショナルマーケティングには、いくつかの欠点がある。

例えば、感情が強すぎると、お客さまがメッセージを処理しきれなくなる可能性がある。

特に、感情をうまく表現できていない場合、お客様が恐怖や不満を感じてしまうこともあります。

さらに、エモーショナルマーケティングは誤用されることもあり、操作的でご都合主義的とみなされることもあります。

感情的マーケティング(エモーショナル・マーケティング)まとめ

エモーショナルマーケティングは、正しく行えば、顧客を惹きつけ、コンバージョンまでのプロセスを効率化する効果的なツールとなります。

意思決定プロセスにおいて感情が果たす役割とその活用方法を理解することで、企業は行動とロイヤルティを促進する強力で説得力のあるマーケティングメッセージを作成することができます。

しかし、誤用される可能性や、感情が過剰になる可能性など、潜在的な欠点に注意することも重要です。

エモーショナル・マーケティングは、顧客にアプローチし、行動を促進するための素晴らしい方法なのです。

では、戦略的バトラックスマーケティングではどうするのかということですが
わかりやすく言いますと
マーケット市場の強者からの影響を受けない強さを伝授致します。
 
強いて言えばあらゆるマーケットの承認欲求からの解放を
バトラックスマーケティング戦略として伝授します。
 
本来の目的や強みを構築する
頭一つ抜けたマーケティングとなります。
 
伝授する内容は

戦略的バトラックスマーケティングの基礎
相対的なマーケティング技術の取得
誤視認性のマーケット理論
神秘性マーケティング
独自路線のマーケティングルール
バトラックスマーケティングの戦略方法
バトラックスマーケティングが成立する条件

を伝授していきます。

興味のある方はこちらからどうぞ

メルマガは、
こちらからご登録ください。

LINEは「@kazuya」で検索するか
下のボタンからご登録ください。

友だち追加