イベントマーケティング

大注目のイベントマーケティングとは!?顧客の行動が鍵となる!?

イベントマーケティング

イベントマーケティングとは

近年、新しいマーケティング手法としてイベントマーケティングが注目されつつあります。

イベントマーケティングのメリットとデメリットから、イベントマーケティングを大成功させるためには何が必要なのかをご説明します。

各会社が主催するイベントを通して、多くの顧客との接点をつくり、製品やサービスを体験してもらって、企業の製品やサービスをPRするマーケティング手法です。

顧客との接点をつくれる事、製品やサービスを実際に体験してもらう事で、体験してもらった後の顧客の行動の変化を利用する事で得られるマーケティング効果は高くなります。

現代は多くの人がインターネットを利用しているので、SNSによる情報の拡大率は驚くほど高くなっており、イベントマーケティングは効果的といえます。

その理由として、顧客が実際に体験した企業の製品やサービスのリアルな体験談を、多くの顧客に伝達する事ができるからです。

画像や文章のみの漠然としたPRよりも、リアルな体験談のほうが顧客にとって魅力的に感じますよね。

また、イベントとはオフラインとオンラインを問わず、顧客の行動の変化が大事になります。

顧客の行動の変化とは、例えば、週1回ほどしか来ていなかったメールが毎日届くようになった定期的にAのサービスを受けていた顧客がBサービスを受けたなどの例が、イベントマーケティングにおいて注目すべき行動の変化になります。

このような顧客の行動の変化をきっかけに、顧客とコミュニケーションをとってより良いマーケティングを行っていく事ができます。

コミュニケーションをとるためには、顧客の購買履歴など普段どのような行動をしているのか、というリサーチが必要になり、大量の顧客データと比較する事で行動の変化を見つける事ができます。

イベントマーケティングのメリットとデメリット

イベントマーケティングのメリットとデメリットを把握する事で、より高いマーケティング効果を得られる事につながります。

メリットはより効果が得られる様に活かし、デメリットは最小限にになる様にする事が1番ですよね。

メリット

・顧客にリアルな体験を提供できる

イベントマーケティング最大のメリットともいえます。
顧客が製品やサービスを実際に手に取ったり、使ってみると他の製品との違いやその価値が分かりやすく、体験者の記憶にも残りやすくなります。

・PR効果が高くなる

インターネットや動画などで目にするPR広告よりも、実際に会場へ足を運ぶイベントは来場者の記憶に残りやすく、拡散力にも期待できます。

さらに、拡散力が大きくなるほど多くの人にPRできるので来場者が多くなる可能性が大きく、マスメディアなどにも注目される可能性も高くなります。

・集中的にアプローチできる

イベントマーケティングに参加する来場者は、企業の製品やサービスに関心があると考えられます。

インターネット上とは違い、イベントマーケティングはイベント会場へと足を運ぶ必要があるので、それまでの時間や費用もかかりますよね。

それでもイベントに参加する来場者は、企業にとって優良な見込み客であるとなるため、アプローチする事で顧客の今後の行動の変化、コンバージョンを期待すること事ごできます。

・的確な情報を届けられる

優良な見込み客に対して的確に顧客が求めている情報を届ける事ができます。

イベントマーケティングでは、顧客全員に同じマーケティングを行うのではなく、見込み客に集中的にアプローチすること事ができるので、コスト削減にもつながります。

デメリット

・イベント実施において労力とコストがかかる

イベント実施には、その準備や人員の確保などの運営に労力がかかってしまいます。

また、イベントマーケティングは他のマーケティング手法に比べて、告知や集客をするためにコストがかかってしまいます。

・告知、集客活動が必須

イベントの告知、集客は来場者を増やそうとターゲット層と離れた人にアプローチしても、その後の購買活動に良い影響を与えるとは限りません。

さらに、告知や集客をしっかり行わないと、予想していたより来場者が少なくなり結果的に赤字となってしまう可能性も考えられます。

イベントマーケティングの分類

イベントマーケティングでは、大きく4つの分類がありそれぞれの各イベントについての目的、概要、重要経営指標であるKPIをご説明します。

・Lead-Nurturing Event

開催の目的とKPIは、インハウスリードのMQLへの転換率です。

比較的低コストで効果が得られますが、高いイベント企画力が必要になります。

すぐにセールス活動には至らないリインハウスリードに対して実施する施策で、開催形態は、オフラインセミナーとウェビナーなどがあります。

・Lead-Generation Event

開催の目的とKPIは、新規リードの取得です。

大規模イベントに各企業がブースを出展するもの、他にもセミナー形式があります。

コストがかかりますが、一度に多くの顧客を獲得できます。

新規顧客に対して効率的に技術説明などのイベント実施の仕組みを設計する事が重要です。

・Brand Event

開催の目的とKPIは、認知とブランディングです。

企業のブランドイメージやコンセプトをターゲット層に伝えるイベントです。

テーマとして戦略を扱うので、エンタープライズ企業や決裁者層が集客する対象となります。

・Community Event

開催の目的とKPIは、既存ユーザーのファン化と継続率です。

企業と顧客、または顧客同士がコミュニティを形成していく中で、企業に対する考えや価値観といった情報を拡散、それによって新たなファンが集まってきます。

コストはかかりませんが、効果が出るまで時間がかかるため企画力が必要で、それ以外にもコミュニティマネジメントが必要になります。

イベントマーケティングを成功させるための要素

イベントマーケティングを成功させるためには、大きく6つの要素があります。

メリット、デメリットから成功させるための要素を考えてみましょう。

・目的と目標の設定

認知率の拡大化、見込み客の情報獲得、既存顧客との関係を深めるためなど様々ありますが、目的と目標を設定する事でイベントマーケティングが成功かどうかを計測する事ができるようになります。

イベントマーケティングでは、集客や告知をする事が必須なので、その段階から顧客と積極的にコミュニケーションを取る事が成功への一歩になります。

・イベントへ向けた準備

ターゲットを設定する事で、どうさのようなイベント内容になるかも決まります。

既存顧客をターゲットとして集客すると、既に顧客データとして情報があるため、顧客の行動の変化もわかりやすく、コミュニケーションもとりやすくなります。

認知率を高くしたいのなら、理解度の低い顧客をターゲットとして、理解度が低くても関心を持ってもらえるような内容のコンテンツを用意する事が必要です。

また、告知や集客からの申し込みのための申し込みフォームの作成、イベント開催当時とその後のフォローまでに準備するコンテンツもあり、イベントを成功させるために準備しておく事が成功に繋がります。

ポイントとして、過去のイベントなどから開催日程や時間をターゲット層に合わせて検討すると、参加率が上がる可能性があります。

イベントでのアンケートや顧客のデータから、参加しやすい開催日時を検討しましょう。

・人員設定

製品やサービスについて紹介するアテンド人員、中でも営業担当、技術説明担当、派遣スタッフの配分が設定した目標を達成するために重要になります。

より詳しい説明を求めている人、少し興味がある程度の人、イベントには様々な人が訪れますが、その顧客の満足度を高めるように人員の配分を設定する事が大切です。

イベントでは、顧客はリアルな体験ができるので技術説明担当の人員は配置は、検討度合いが高くなる可能性が大きく効果的ですが、多くの社員をイベントにおさえることは難しい場合もあります。

・反響のチェック

イベントに対しての来場者の評価や口コミをチェックして、イベントの反響がどうだったかを把握します。

イベント後だけでなく、イベント前など普段からチェックする事でイベント参加者が増えるように改善すべき点を見つけられます。

イベント内容についての質問などがされている可能性もあり、その質問に対しての答えを用意しておく事もできますし、その場で対応する事でイベントへ参加してみようと思ってくれる顧客も増えるかもしれません。

・アフターフォロー

イベント成功後も顧客に対するアフターフォローは大切です。

アフターフォローを行う事で営業と売上に繋がり、その仕組みをつくっていくと顧客と長期的に関係を保つ事ができます。

イベントマーケティングでアフターフォローが無ければ、顧客から反響を得られず会社のイメージダウンにも繋がる可能性があります。

・結果の測定

イベントの結果を測定する事で次回の開催に役立ちます。

イベントマーケティングは他のマーケティング手法に比べてコストがかかるので、結果を振り返ってオペレーションの改善を行う事が必要です。

具体的な結果測定を行うには、適切なツールを用いると可視化する事ができます

差がつく集客のポイント

イベントマーケティングでは、告知と集客をしっかり行う事が必要です。

設定したターゲット層にとって魅力的な集客ができるようにポイントをご紹介します。

・イベントのタイトル

タイトルはターゲット層が初めに目にするものなので、内容がなんとなく分かるものが良いですよね。

例えば、イベント内容が恋愛講座であった場合のタイトルは、

そこのあなた!異性と付き合う前にこれだけは知っておけ!失敗しない恋愛講座!

よい人生をおくるために恋愛をおすすめする理由。(名前)が答える恋愛講座

この様なタイトルだと、どのような内容のイベントであるか、分かりやすいですよね。

ターゲット、イベントに参加する事で得られるもの、著名人の名前、意外性、新しい要素が含まれているイベントタイトルは関心を得やすくなります。

・ソーシャルメディアの利用

ソーシャルメディアを利用しているターゲット層がいる場合、共感を得られるような告知と集客を行う事が大切です。

企業の裏話やイベント開催準備の一部を公開すると、ターゲット層はサポートしたい、参加したいという気持ちになりやすくなります。

応援したくなるようなコンテンツを準備する事が、ターゲット層の共感を得られるポイントになります。

・コミュニケーション

ターゲット層に向けてイベント内容を画像や動画を活用して聴覚と視覚に訴えかけて印象に残る告知をしましょう。

ソーシャルメディアでは、投稿した内容にコメントがついたり情報拡散してもらえる可能性が高く、ターゲット層とコミュケーションを取る事で集客だけでなくイベント、企業の認知度も高くなります。

また、顧客の関心のあるイベントや行動の変化に対しても分析しやすく、今後のイベントマーケティングにも活用する事ができます。

・メディアへの露出

新聞や雑誌、その他オンライン広告などのメディアを使ってイベント告知を行いますが、多く告知すればいいというわけではありません。

ターゲット層に届かなければ意味は無いので、ターゲット層かよく見る、関心のあるメディアに告知をする事がポイントになります。

ターゲット層とメディアの不一致は、費用がかさむ原因となります。

イベントマーケティングでは、コストをいかに削減するかで費用対効果が得られます。

ベントマーケティングまとめ

1、イベントマーケティングとは、製品やサービスのリアルな体験を通して顧客とコミュニケーションをとる手法です

2、より良いメリットを得られ、デメリットを最小限にする事が必要です

3、イベントマーケティングの目的とKPIを達成するために各企業ごとに適した開催方法やその内容を設計しています

4、メリットとデメリットを把握して、イベントマーケティングを成功させるための要素をしっかり設定する事が成功する事につながります

5、イベントマーケティングでは、告知と集客が必須なのでターゲット層へアプローチできる方法をとりましょう

イベントマーケティングは、リアルな体験の提供から企業自体のPRにも繋がり、顧客の行動の変化にも対応しより販売売上も上がります。

事前準備やアフターフォローをしっかり設定する事で、イベントマーケティングは大成功しますよ!

では、戦略的バトラックスマーケティングではどうするのかということですが
わかりやすく言いますと
マーケット市場の強者からの影響を受けない強さを伝授致します。
 
強いて言えばあらゆるマーケットの承認欲求からの解放を
バトラックスマーケティング戦略として伝授します。
 
本来の目的や強みを構築する
頭一つ抜けたマーケティングとなります。
 
伝授する内容は

戦略的バトラックスマーケティングの基礎
相対的なマーケティング技術の取得
誤視認性のマーケット理論
神秘性マーケティング
独自路線のマーケティングルール
バトラックスマーケティングの戦略方法
バトラックスマーケティングが成立する条件

を伝授していきます。

興味のある方はこちらからどうぞ

メルマガは、
こちらからご登録ください。

LINEは「@kazuya」で検索するか
下のボタンからご登録ください。

友だち追加