マーケティング

マーケティングの「5w1h」とは?知らない人は損してる?

マーケティングの「5w1h」とは?

この記事を読んでいる皆さんは会社で上司に言われて調べましたか?

マーケティングの基本が知りたいなど、また会社でうまくいっていない人にはお勧めです。

社会人の人にはぜひとも知っておいてほしいことを説明していこうと思います。

ではよろしくお願いします。

早速ですが、皆さんは5w1hという言葉を聞いたことはありますか?

学生時代に聞いたことのある人が多いのではないでしょうか。

私も5w1hという言葉を聞くと学生時代の英語の授業で聞いた覚えがあります。

英語は苦手で特に覚えていません、、、(笑)

この5w1hとはマーケティング戦略で役立つことはもちろんのこと、これから社会人になるので美辞ネルの基本を知っておきたいという人にもおすすめです。

この記事を読んでぜひご自身の力に変えてもらいたいと思います。

5w1hとは?

そもそも5w1hとは何なのでしょうか。

5w1hとはこのことになります。

5wとはWhen、where、who、what、why、how、のことです。

これらの頭文字をとって5wとしています。

1hはhowのことになります。

英語の授業で5w1hが重要なようにマーケティングの世界においても5w1hは非常に重要になります。

では5w1hの詳しい説明をしていこうと思います。

Whenについて

まずは、whenについてです。

このwhenの意味は時を表します。

「いつ」の意味があります。マーケティングにおいては販売する時期や期間についての意味になります。

例を出すならばあなたは新しいかき氷の商品を販売することになったときにその商品をいつ発売しますかということがこのwhenになります。

かき氷を冬に売るのはあまりいい提案ではありません。かき氷の売り上げがいいのは、夏です。

だからこの新しいかき氷は夏に販売するべきというのが大事です。

Whenを正しく理解しているとお客様がこの商品を求める季節はいつかなどを知ることができます。

Whereについて

次はwhereについて説明していこうと思います。

Whereの意味は「場所」になります。

マーケティングでは、どこで商品を発売しているかトいう意味になります。

先ほどのかき氷の例を使って説明したいと思います。

かき氷がよく売れる場所は夏の砂浜でよく売っていますよね。

しかし、寒い地域では売っていませんよね。

マーケティングのwhereの意味はどこで販売すべきであるかという意味です。

かき氷の例では、かき氷は熱い場所でよく食べられていますよね。

だからかき氷を売る場所は寒い地域ではなくて暖かい地域のほうが良いということです。

Whoについて

次はwhoについてです。

Whoの意味は「だれ」という意味になります。

つまりこの商品はだれが消費するのかということになります。

お酒は20歳になってからでないと飲むことができないのでお酒を販売する相手は大人になるので、子供向きの味より大人向けの味で作られています。

この商品はだれが消費するのかを考えて商品を作ることは非常に大切です。

どんな商品にもこの考えは当てはまるのでマーケティングをする上での常識といえるでしょう。

Whatについて

次はwhatについてです。

このwhatの意味は「なにを」という意味になります。

これだけではあまり意味が分からないと思います。

例を出して詳しく説明していきます。

このwhatには商品の価値という意味があります。

つまりこの商品を買うことによって消費者にどのような利益があるのかという意味になります。

例えば、あなたは電気屋の人で冷蔵庫を売っています。

この冷蔵庫をお客様に買ってもらうためにどうしますか?

これまでのwhen、where、who、持つかって考えてみてください。

冷蔵庫を買う人が多い時期は、主に食材が腐りやすい夏に買う人が多いと考えます。

次にwhereです。

冷蔵庫は電気屋で買う人が多いので電気屋でよいと思います。

次はwhoです。

冷蔵庫を買う人が多いのは大人特に、お金をある程度持っている人になります。

ここでお客様を絞るのであれば、安く買いたいお客様なのか、それとも冷蔵庫の性能が良いのを買いたいお客様なのかを絞る必要があります。

ここを絞らないと次のwhatができません。

仮に性能重視のお客様を選んだとして話を進めていきます。

ここでwhatの登場になります。

商品の価値を伝えていきます。

性能重視のお客様であれば、野菜の長期の冷蔵が可能や、温度調節や冷蔵庫の中の温度が常にわかり、商品の状態がわかるなど、お客様がこの商品を買うことによってどのような、利益があるのかを明確にしていきます。

このwhatがしっかりしていないとお客様の求めている商品を紹介できません。

マーケティングにおいてこのwhatは非常に大切です。

whyについて

次はwhyについてです。

このwhyの意味は商品を販売する目的や目標などを指します。

Whyには「なぜ」という意味があります。

あなたはなぜこの商品を販売するのか販売するに至っての目標は何なのか、を明確にする必要があります。

例を出すとするならば、あなたは車を売ろうとしています。

その時にこのwhyの考えが大切になります。

なぜあなたは車を販売するのか販売する目的は何なのかを考えます。また顧客の立場に立って考えることによって今市場に求められている商品は何なのか、また顧客が求めている商品は何なのかを知ることができます。

顧客が求めている商品を考えることは非常に有効です。

相手はどんな車を求めているのか、燃費のいい車がいいのか、デザインのいい車を求めているのかなどを知る必要があります。

世界に目を向けてみると排気ガスの少ない電気自動車が今注目されているので、電気自動車をお勧めするのも一つの手です。

このように今の市場に求められている商品を知ることによって顧客の満足度を上げることに成功したり、また次に来店してもらえたり、このwhyも非常に有効になります。

Howについて

次はhowについてです。このhowの意味は「どのように」という意味があります。

つまり商品をどのようにして販売するかという意味になります。

この考えは最近特に重要になっています。

インターネットができたことによって、ネットショッピングができるようになりました。
つまり実際に店に買いに来てもらわなくても商品を買えるようになりました。

ゲームのソフトなどは店に来なくても商品が変わらないのでネットショッピングの販売が今増えています。

このようにしてマーケティングで利用することができます。

5w1hの正しい順番と使い方

ここからは、5w1hの正しい順番と使い方を説明していきます。

では早速正しい順番を説明します。

When➡where➡who➡what➡why➡how

の順番となります。

これは様々な場面で使えることができます。

上司への報告の時や会社でのプレゼンテーションなどほかにもいろいろな場面で使えることができます。

この5w1hというのはいろいろなビジネスの場面で使うことができます。

また、5w1hをうまく使うことによって、相手に自分の言いたいことがうまく伝えられるようになったりします。

次は順番が違う応用の方法を説明していきます。

例えば、マーケティング戦略を考える上での5w1hの順番を説明します。

Why➡who➡when➡what➡where➡how

この順番になります。

マーケティング戦略を考える上ではまずは目標を立てます。

これがwhyになります。

今のマーケティングの基本は顧客目線に立つことです。

つまり次のwhoは重要になります。

どのような顧客をターゲットにするのかそして顧客の目線に立って、商品の価値を客観的に見ることが重要になります。

このwhyの決め方次第で成功するかしないかはかなり変わります。

この商品を顧客が使うことによってどのようなメリットがあるのかまた、完全に顧客目線に立って考えることが重要になります。

完全に顧客目線に立つことによって次のwhen、what、where、how、につながっていきます。

Whenでは顧客がいつ買うかを考えます。

これは顧客目線に立っていないとわかりません。

この時期は顧客があまり増えないやこの時期は稼ぎ時だからキャンペーン活動を行うなどを考えていくことができます。

そして、whatにつながっていきます。

このwhatは商品の価値や性能を意味します。

こんな性能であればどの顧客に合うかを知ることができます。

そして、whatが決まると次のwhereにつながっていきます。

どこで売ればこの商品を多く買ってもらえるかを知る必要があります。

そしてwhereが決まると最後のhowにつながっていきます。

このhowはどのようにして商品の良さを伝えるか、またどのようにして顧客を集めるかを考える必要があります。

これらは顧客の目線に立ってみないとわかりません。

5w1hをうまく使うことはもちろん、顧客の目線に立ってみることが重要であることが大切になります。

まとめ

まとめとしてこの5w1hはビジネスの日常に場面でたくさん使うことがあります。

今回の説明を読んでみて少しでも皆さんの力になればと思います。

ありがとうございました。

では、戦略的バトラックスマーケティングではどうするのかということですが
わかりやすく言いますと
マーケット市場の強者からの影響を受けない強さを伝授致します。
 
強いて言えばあらゆるマーケットの承認欲求からの解放を
バトラックスマーケティング戦略として伝授します。
 
本来の目的や強みを構築する
頭一つ抜けたマーケティングとなります。
 
伝授する内容は

戦略的バトラックスマーケティングの基礎
相対的なマーケティング技術の取得
誤視認性のマーケット理論
神秘性マーケティング
独自路線のマーケティングルール
バトラックスマーケティングの戦略方法
バトラックスマーケティングが成立する条件

を伝授していきます。

興味のある方はこちらからどうぞ

メルマガは、
こちらからご登録ください。

LINEは「@kazuya」で検索するか
下のボタンからご登録ください。

友だち追加