O2O(Online to Offline)マーケティング

O2O(Online to Offline)マーケティングとは?企業の事例も紹介

O2O(Online to Offline)マーケティングとは?

近年、O2O(Online to Offline)マーケティングという言葉を聞くようになった。

なんとなく聞いたことはあるけどざっくりとした意味しか分からないと言う方も多いと思う。

BtoBやBtoCと言ったビジネス取引の用語に見えてしまいそうに感じる。

僕自身も最初見た時、酸素の化学式かよ!?と思ったが、全然関係なかった(笑)。

O2O(Online to Offline)とはOnline to Offlineの略語のことを言い、ネットのサービスを通じてお店に誘導し、商品を購入してもらうマーケティングのことをO2O(Online to Offline)マーケティングと言う。

Web専門のスタッフを雇う余裕がなく、ITについて詳しくないオーナーも多い。

そもそもO2O(Online to Offline)って分かりそうで分かりにくい。

実際の成功例は?具体的な利用法が分からないといった声も聞こえるのでここで確認しておこう。

そもそもO2O(Online to Offline)マーケティングとは何なのか?

O2O(Online to Offline)マーケティングを人に例えるなら、気の利く男性と言うことができる。

モテる男と言うのは気の利く男性のことで女性に気の利いた行動を取るのである。

O2O(Online to Offline)マーケティングも気の利く男のようにお客様にネットを通じて気の利いた施策を徐々に行うことが重要となる。

では、O2O(Online to Offline)マーケティングについて詳しく見ていこう。

O2O(Online to Offline)マーケティングのことは既にネットサービスの利用者を店舗に誘導するマーケティングと言うことは述べた。

O2O(Online to Offline)マーケティングが普及した背景にはスマートホンの普及により、消費者のオンラインを利用する時間が長くなったためと言われている。

僕もスマートホンの利用時間が長く、Amazonで商品を買うことがあるため、面倒な時はお店にわざわざ行くよりもネットで購入した方が早い。

また、アプリやSNS、QRコードも普及したこともO2O(Online to Offline)マーケティングが普及する後押しとなっている。

むしろポイントを導入していない店舗は見ないほどに普及しているように思われる。

O2O(Online to Offline)マーケティングはリアル店舗やWebサイトなどの接点を顧客中心に連携させることから「オムニチャネル」マーケティングの一形態と言われることがある。

しかし、オムニチャネルとO2O(Online to Offline)マーケティングには違いがある。

それはオムニチャネルの場合はあらゆるチャネルを利用することで売り上げに繋げることを重視しているので、ネットを活用するかどいうかは特に関係ないという違いがある。

O2O(Online to Offline)マーケティングの場合はネットを通じてお客様に商品を購入してもらえるようにする施策なので少し異なる。オムニチャネルについても確認していこう。

オムニチャネルて?

オムニチャネルとは販売や流通といった様々なチャネルを複合的に統合し、連携していくことであらゆるチャネルのアクセスを顧客に保証する。

そのため、販売や流通などの幅広いチャネルを統合して活用していくこととなる。

まぁ端的に言うなら、使える物(手段)は使っていこうという考えである。

例えば、実店舗とEC店舗を持つ販売店がこれに当たる。お客様が欲しいという要望をすぐに可能にすることができ、商品の在庫がないときはEC店舗を使ってもらい、また、EC店舗で購入した商品を受け取ったりするように店舗やEC店舗を活用したりするような場合もオムニチャネルということができる。

ただし、オムニチャネルはあらゆるチャネルを使うことでお客様に満足してもらうため、オフラインかオンラインであるかは重要視しない。

しかし、O2O(Online to Offline)マーケティングの場合はオフラインとオンラインを使った施策であるから、その点はオムニチャネルとは異なる。

ちなみに実店舗とEC連動もO2O(Online to Offline)マーケティングの一部である。

O2O(Online to Offline)マーケティングのメリット・デメリット

O2O(Online to Offline)マーケティングについてざっくりしたイメージをお持ちの方も多いかもしれない。

しかし、O2O(Online to Offline)マーケティングを行うことでメリットは以下の5つが挙げられる。

1. 新規顧客を獲得しやすい
2. 効果を測定しやすい
3. ネットと店舗を補完できる。
4.地域関係なく、広範囲にマーケティングが可能
5. リピーターの囲い込みが可能

それぞれ5つのメリットを確認していこう。

1. 新規顧客を獲得しやすい

商品を情報検索することが当たり前となっているため、お客様に適切なタイミングで情報を当たえることができるため、新規顧客の獲得につなげやすい。

新聞やTV等のマス広告や屋外広告では獲得できない顧客の獲得につなげることができる。

1. 効果を測定しやすい

例えば、お店がWEBでクーポンをお客様に配布すれば、どれだけ使われたかが分かるので、クーポンのマーケティングの効果が簡単に測定できる。

少人数の店舗でもO2O(Online to Offline)マーケティングを無理なく導入できる。

1. ネットと店舗を補完できる

オンラインとオフラインを相互補完できる。

例えば、商品が在庫にないときはECサイトで購入してもらうやり方やECサイトで購入したものを最寄りの販売店で購入してもらうやり方などが該当する。

お客様の好きなタイミングで購入し、受けとってもらう「オムニチャネル」がこれに該当する。

1. 地域関係なく、広範囲にマーケティングが可能

オフラインだと場所や人数が限られてしまうのでマーケティングも限られてしまう。

しかし、O2O(Online to Offline)マーケティングだと、オンラインで施策を行うのでたくさんの人に見てもらいやすく、また、ネットなので場所は関係なくマーケティングを展開できる。

1. リピーターの囲い込みが可能

O2O(Online to Offline)マーケティングを実施することで一度来てもらったお客様や足先が遠のいたお客様にもアプローチすることができる。

また、オンライン上で情報発信していくことでリピーターを増やしていく効果を期待できる。

まさにO2O(Online to Offline)マーケティングはまめな男と言うことができる。

大事なことなので二回言うが、まめな男は女子にモテるのである。はずかしがりの男にはとてもできない芸当である・・・。

しかし、O2O(Online to Offline)マーケティングにはデメリットも存在する。それは客単価のアップが難しいことが挙げられる。

新規顧客の獲得やリピーターを作ることはできるが、客単価を上げるためには客単価を上げるための施策が必要となる。

簡単にできる方法としてはお客様に大量に商品を購入してもらうのか商品の値上げを行うことである。

値上げを行うことはお客様の反発を招きそうだが、商品やサービスの価値を正しく伝えることができれば、値上げしても企業に売り上げに繋げることが可能となる。

効果的な客単価を上げるための施策とO2O(Online to Offline)マーケティングを展開すれば、企業の売り上げを効果的に繋げることができるだろう。

男女の恋愛関係もO2O(Online to Offline)マーケティングも結局はまめに行っていくことが重要と言える。

こちらはPitoPoというO2O(Online to Offline)マーケティングツールであるが、こちらではツールの説明だけでなく、ツールを活用することもメリットまで説明しているので非常に分かりやすいので一度見てほしい。

https://www.youtube.com/watch?v=u6zsa14JmL8

O2O(Online to Offline)のポイントは「モバイル端末」を重視すること

O2O(Online to Offline)マーケティングで重要となるのはモバイル端末を駆使した施策を行うことが大事となる。

僕も含め、今や殆どの人がスマホを使っているのでモバイル端末を使った施策を行うことでその効果を発揮ができる。

では具体的にどのような施策があるのか?このような施策が考えられる。

1. 実店舗型とEC連動型
2. SNS
3. 位置情報
4. QRコード
5. アプリのプッシュ通知

これらの施策について一個ずつ確認していこう。

1. 実店舗型とEC連動型

実店舗とEC連動を連動させることでお客様がすぐに商品を手に入れることができるようにする施策である。

様々な小売店で利用できる施策で、この施策を行うことでお客様の待ち時間を減らしたりできる。

お客様の待ち時間を減らすことでお客様のストレスの減少を減らすことができる。

お客様のストレスが減少することは集客の糸口にもなる。

1. SNS

SNSはお客様とつながりを持ちやすい。

例えば、古本市場ではLINEで友達登録をすることで次回会計時に100ポイント追加するといった施策を行っている。

自分が大学時代に古本市場でバイトをしているときからの施策である。

LINEは利用者数も多いのでお客様との接点を持ちやすいという点では効果的なマーケティングと言える。

1. 位置情報

お客様がポイント付与の店舗を訪れる際、位置情報を利用することで自動的にポイント付与することができる。

お客様は位置情報をONにするだけで気軽に来店でき、またポイントも付与される便利な施策と言える。

1. QRコード

チラシや広告でQRコードを読み取ってもらうことで商品の購入につなげる施策である。

先ほど紹介した古市の例もQRコードで友達登録することで100ポイントのクーポンがもらえるといったものがこれに当たる。

たた、QRコードの場合はその場で行動してもらえるように何かしらの施策を考えておく必要がある。

1. アプリのプッシュ通知

アプリのプッシュ通知はスマホさえ持っていれば、お客さんの目にすぐ入るので、広告として高い効果を発揮できる。

アプリを作る場合はみせめぐ(無料)、GMOお店アプリ(有料)、店舗アプリ(有料)がアプリを作成できるサービスである。

興味のある方はぜひ試してみるのもひとつの手だろう。

企業のO2O(Online to Offline)マーケティング導入事例

現在、多くの企業がO2O(Online to Offline)マーケティングを導入しているが、どのような施策を実施しているのか?いくつか紹介していこう。

1. ユニクロ

ユニクロはスマートホン向けにアプリリリースしている。

アプリの機能にはチラシやクーポン、バーコードの機能がついている。

このバーコードの機能で実店舗の商品のバーコードをスキャンすることで商品紹介ページに飛び、その詳細を確認することができるようになっている。

店舗に在庫がなくてもオンライン店舗に誘導できるので顧客を逃さずに購入に誘導できるメリットがある。

1. 無印良品

無印良品の場合、「Muji Passport」というアプリをリリースし、事前に商品の検索をすることで商品購入の手間を省いている。

また、「Mujiマイル」というポイントを貯めることも可能で、ショッピングポイントと交換して商品の購入時にお金の代わりに利用することができる。

1. ユナイテッドアローズ

ユナイテッドアローズの施策は店舗での商品在庫数についてあらかじめわかるようになっている。

また、顧客があらかじめネットで注文した商品を店舗で試着できるというサービスも展開している。

これにより、顧客は気になっている商品を実店舗で試着できるため、オフラインからオンラインへの移行がスムーズにできるようになっている。

1. Nordstorm

店舗で試着する商品を事前に予約することをNordstormの公式アプリで可能としている。

このサービスによってお客様はアプリの写真やサイズを事前に確認することができ、効率よく複数の服の試着を可能としている。

O2O(Online to Offline)2oマーケティングとは?

ここまでO2O(Online to Offline)マーケティングについて見ていったが、なんだかパワーアップしてそうなO2O(Online to Offline)2oマーケティングについて見ていこう。

O2O(Online to Offline)2oとは「OnAir to Online to Offline」の略語である。

O2O(Online to Offline)マーケティングとは違い、テレビや広告と連動し、お客様にアプローチする戦略のことである。

実際にテレビに参加した顧客がクーポンや商品を手にすることができる施策である。

僕は参加したことないけど、テレビニュースなどにリモコンの指示されたボタンを押すことでクイズに参加でき、それに正解すると豪華な景品とかがもらえるといったものが該当する。

O2O(Online to Offline)マーケティングまとめ

1.
O2O(Online to Offline)マーケティングとはオフラインからオンラインに誘導してお客様に商品を購入してもらうためにクーポンやポイントを配布するなどの施策を言う。
2.
オムニチャネルは確かにO2O(Online to Offline)マーケティングと似ているが、O2O(Online to Offline)マーケティングはネットを介するのに対し、オムニチャネルは手段を問わない。
3.
スマートホンなどのモバイル端末が普及しているため、モバイル端末を使った施策を行っていくことが重要となる。
4.
O2O(Online to Offline)マーケティングを導入している企業は増えてきている。アプリを導入することでお客様の負担を減らし、購入につなげるように誘導している。
5.
また、テレビや広告と連動するO2O(Online to Offline)2oマーケティングなるものも行われている。

O2O(Online to Offline)マーケティングについてざっくりしたイメージを持てなかった人もO2O(Online to Offline)マーケティングが企業のマーケティング戦略に非常に重要と感じてもらえると嬉しい。

個人的にはまめな男のイメージでお客さまに選んでもらうためにプレゼントをあげたり、料理を手伝ったりなどお客様に喜んでもらえるようにすることでモテる男状態にすることをイメージしていただけたら分かりやすい。

O2O(Online to Offline)マーケティングを行うことでお客様の集客や効果測定、リピーターの囲い込み、ネットと店舗の相互補完ができるのが強みとなる。

客単価があがらないといった欠点もあるものもうまく利用すれば、多少値上げしてもお客様に寄り添った施策を行えばお客様も受け入れてくれるので客単価を上げる前にO2O(Online to Offline)マーケティングを行うことをおすすめする。

少人数での店舗でもできるのでまずはやってみてもいいのではないだろうか。

では、戦略的バトラックスマーケティングではどうするのかということですが
わかりやすく言いますと
マーケット市場の強者からの影響を受けない強さを伝授致します。
 
強いて言えばあらゆるマーケットの承認欲求からの解放を
バトラックスマーケティング戦略として伝授します。
 
本来の目的や強みを構築する
頭一つ抜けたマーケティングとなります。
 
伝授する内容は

戦略的バトラックスマーケティングの基礎
相対的なマーケティング技術の取得
誤視認性のマーケット理論
神秘性マーケティング
独自路線のマーケティングルール
バトラックスマーケティングの戦略方法
バトラックスマーケティングが成立する条件

を伝授していきます。

興味のある方はこちらからどうぞ

メルマガは、
こちらからご登録ください。

LINEは「@kazuya」で検索するか
下のボタンからご登録ください。

友だち追加