フィリップコトラーマーケティング

フィリップコトラーマーケティング4.0からみた4P分析とマズローの法則

フィリップコトラーマーケティング4.0とは?

あなたはマーケティング界の第一人者であるフィリップ・コトラーが提唱した「マーケティング4.0」をご存じでしょうか?

顧客が求めている商品やサービスを生産者が作り、その情報を届け、顧客が価値を効果的に得られるようにするための概念であり、生産者と消費者で成り立つ市場のことを言います。

簡潔に言うと、売り買いを成立させる市場のことです。

そのマーケティングをするうえで、重要なポイントをフィリップ・コトラーが提唱したのです。

フィリップコトラーマーケティング4.0というくらいなのならば、・マーケティング1.0・マーケティング2.0・マーケティング3.0も存在するのか?と思いますよね。

その通りあるんです。マーケティング4.0はその名の通り4つの考え方から生まれたものなのです。

詳しい内容は、

マーケティング1.0は、コストを抑えて製品をAC作り、多くの人に商品を提供する生産者の立場になった製品中心の考え方。

マーケティング2.0は時代の流れが、経済発展のための生産者中心の世の中から、消費者が中心の世の中に変わっていったため、いかに消費者のニーズに合わせた商品を提供することができるかが大切となった商品を購入する消費者の立場になった消費者中心の考え方。

マーケティング3.0は第三次産業革命の一つであるソーシャルメディアに注目をした人間中心の考え方。

マーケティング4.0はものが ありふれた世の中だからこそ自分に合った商品を求め始めた顧客のニーズにこたえるための自己実現の考え方。この四つに分かれます。

とは言ったものの、何が何だかわかりませんよね?

そんな難しそうなフィリップコトラーマーケティング4.0の考え方は実は私たちの生活と密接している関係ということは知っていましたか?フィリップコトラーマーケティング4.0は身の回りで溢れています。

その中でも特に似たような考え方であるのが恋愛です。

上記のフィリップコトラーマーケティング4.0の考え方を恋愛にたとえて説明していきます。

まず、ここでの生産者はあなた自身で、消費者はあなたが好意を抱いている人と考えてください。

では、今回男性がフィリップコトラーマーケティング4.0の対象だったらどうなるか考えてみましょう。

彼女は私のブログで今後みなさんの初歩的なお手伝いが出来ますようたびたびできてきますのでおみしりおきを。

はじめまして名前は次回の次回の次回ぐらいでお伝えしたいと思います。

では長瀬にいわれたので私の話をそしだけ聞いて下さいね

ではですね・・・

え~~とっ

私は彼と仲良くなりたい。

付き合いたい。

でもどうしたら彼に振り向いてもらえるのかわからない…。

そんな時あなたは最初に彼の調査を売ると思います。

調査と言っても、彼がどのようなもの人がタイプなのか求めているのかを知るということです。

なぜならあなたが彼に好かれるためにはまずそこを知っておかなければ彼に振り向いてもらえるはずはありませんから。

これが彼のニーズ、マーケティングで言う消費者のニーズを考えて答えるというところです。

そして、彼の好みが知れたなら、彼にどうやってあなた自身をアプローチするかが問題です。

確かに直接話しかける方法もありますが、彼とのタイミングが合わなければ難しいですし、見たことも話したっこともない人から急にしゃべりかけられたら怖いですよね?

そんな時は便利なSNSを使って彼との関係を気づくのです。

そのSNSで彼の好みを知るきっかけにもなりますし、逆に自分のアプローチをすることもできますよね?

フィリップコトラーマーケティング4.0「表現型ソーシャルメディア」と「協働型ソーシャルメディア」

ソーシャルメディアには、YouTubeやTwitterなどの消費者が意見を発信する表現型ソーシャルメディアと口コミサイトなどの消費者と生産者によって作られる協働型ソーシャルメディアがあります。

この二つのソーシャルメディアの形により生産者が消費者の声に耳を傾けることによってより良い商品を作るのです。

この考え方から恋愛も彼がSNSに発信した言葉に何か求めているものを情報として入手する手段となるのです。

それにあなたは注目し、彼が求めていることに近づく必要があるのです。

そして最後は、彼が求めている存在に自分が適すということです。

いかに正確な情報を入手しても彼の好み、必要としている存在にならなければ彼の彼女になることは難しいでしょう。

これはフィリップコトラーマーケティング4.0の自己実現と同じで、数多くの商品の中で自分が求めている商品を消費者は探します。

そして、自分が求めていた商品を手に取るのです。生産者提供できる価値観と消費者の地層としている価値観が合致しまければこれは自己実現はかないません。

恋愛もあなたと彼の価値観が同じにならなければ交際まで発展しませんよね?

結果フィリップコトラーマーケティング4.0と恋愛は同じような考え方で行われているのです。

フィリップコトラーマーケティング4.0も恋愛も成功させるためにはまず消費者である彼のニーズが何なのかをSNSなどを通じて知り、消費者である彼が求めている商品、自分を生み出すことが重要です。

そして、価値観を一致させることで結ばれるのです。

ただし、生産する過程で、原価に見合わない価格であったり、作業であったりすると生産側の負担になり消費者のニーズにこたえるどころか会社はつぶれてしまいます。

これは恋愛関係であっても同じなのです。

彼に好かれようと無理することで逆効果になることも否めません。

ですのでお互いがwin-winの関係で進めていく必要があります。

フィリップコトラーマーケティング4.0の専門用語で話されるよりも、恋愛にたとえてのほうがわかりやすかったのではないでしょうか?

以外と身の回りはフィリップコトラーマーケティング4.0の考えと密接していることが多いんですよ!

ここからは今考えると私も験した

フィリップコトラーマーケティング4.0の具体的失敗例

私の恋愛失敗例

やばい。K君かっこよすぎてやばいよ…

Mまた恋しいちゃったんだね~

そうなんだよ。また恋してしまいました。

高校生の私は比較的人を好きになりがちなタイプでした。

顔はそうでもなくても例えばスポーツが万能であったりとか、勉強ができたりとか、横顔がイケメンだからとか。そんな感じですぐに異性に好意を抱いてしまっていました。

そして、一番の悪い癖は、失恋するとすぐにほかの男性を見つけたがることです。

前の失恋を忘れる方法がほかの恋を探すという方は多いのではないでしょうか?

でも私は度が過ぎているというか、ほんとに次の日とかにはほかの人に目移りします。

そんな今回も前回の失恋を新たな恋で忘れるために見つけたのです。

私は恋をすると決まって隣のクラスの友人であるRちゃんに相談に乗ってもらいます。

ちなみにRちゃんにはサッカー部に所属している彼氏がいます。

これまでに二人には私の恋愛に協力してもらったことが何度もありました。

そして今回も二人に頼りまくっています(笑)

今度はK君のどこに惹かれたの?

正直顔はそんなかっこよくないよね?

顔よりも声!声がイケボすぎるの!!

それにサッカー部のキャプテンってだけでいいんだ~キャプテンの彼女とか超憧れじゃん!

またそんなところに惹かれたの?!

どうしてそんなに人を好きになるのかね~

気づいたら好きになっていました!(笑)

それでなんだけど、K君と言えばRちゃんと同じクラスだしRちゃんの彼氏と同じサッカー部じゃん?!

今回も協力してほしいんだけどいいかな?!

そうだね~できることは協力するよ!

まあ、K君もあの顔だし、彼女なんていたことないと思うからちょろいんじゃない?(笑)

もう!そんなこといわないで!

ごめんごめん!

ここから私のK君を彼氏にするぞ作戦が始まりました。

現段階の私はKくんの連絡先もタイプも何も知りません。むしろしゃべったことはありません。

じゃあなんで好きになったんだよ!と思いますよね?

K君を好きになったきっかけは選択授業が一緒だったことです。

2クラスの生徒がさまざまな授業を選択する科目か2教科ありました。そこでK君を知りその声に惚れてしまったのです。

ちなみにそのクラスにRちゃんとRちゃんの彼氏のS君もいます。

私はまずK君の連絡先をゲットするための作戦を考えました。

話したこともない相手で急に連絡を聞くのは恥ずかしかっため、ここはRちゃんの彼氏のS君からLINEをもらいS君がK君に「お前のLINEを知りたいって子がいるから教えるね」とだけ伝えてもらいました。

そして私は無事K君のLINEをゲットしたのです!

Rちゃん!KくんのLINEもらったけど、最初なんて送ろう…

普通に名前の紹介とかでいいんじゃない?

Kくんも一応Mの存在は知ってるみたいだから堅苦しくなくて大丈夫だと思うよ!

そっか…知っててくれるだけでうれしい!

そこから私はK君とのLINEでの会話が始まりました。

お互い部活もあったので毎日1~2通くらいしか連絡は取りませんでしたが

K君と話せてる!

と思うと私はとっても嬉しかったです。

連絡をとりあって約1か月。まだK君とは一回も直接話したことはありませんでした。

しかも連絡も切れそうになるのをなんとか持ちこたえる感じで返事が返ってこない日も日を追うごとに増えてきました。

さすがにまだ話していないのはまずい。それに連絡も切れそうなんてせっかくのチャンスを無駄にしたくない!

自分の気持ちは焦るばかりでRちゃんに相談しても「話さなければ意味がない」と言われてしまい、どうにか話をしよう!とより意気込みました。

でもクラスは離れてるし、選択授業も席は遠いから話すきっかけがない。

そうしたものか…と思っていました。

そんな時に思いついたのが 待ち伏せ です。

強硬手段すぎますがこれしか方法はないと当時の私は思っていました。

なので、朝K君が教室に来るのを待ち伏せすることに決めました。

ある日の朝…

RちゃんとK君が来るのを教室の前で待機していました。

そしてK君がこちらに向かって歩いてきたところで

「Kくんおはよう!わたしMだけどわかる?毎日連絡ごめんね」

と声を掛けました。

するとK君は

「全然大丈夫だよ」

と言い教室に入っていきました。

私は少しでもK君と話せたことがうれしくて、成長だ!とRちゃんに言いましたが、

やっと一歩だよこんなの。

と言われました。

確かに今考えればただの会話にすぎません。でも当時の私にとってこの会話は大きな一歩でした。

それからこまめに教室に出向き少しでも会話をする努力をしました。

選択授業の時は話せませんでしたが、K君の存在に毎日ウキウキしていました。

そんな中、私はある思いが芽生えていました。

それは

「K君とすぐにでも付き合いたい」

という感情です。

ろくに話したこともなければ連絡を取り合って1、2か月しかたっていないのに成功するはずがないと今考えてみれば自分でもわかります。

でも当時の私はKくんしか見ていなかったのでただK君と付き合いたい。

という気持ちしか頭にはありませんでした。

それと高校生のなんだかわからないノリと勢いでどうにかなるだろ!とも思っていました。

季節は春になろうとしているとき、高校生活も残り1年だし、新たな気持ちとともにK君に告白しよう!と自分の中で決意しました。

その思いをRちゃんとRちゃんの彼氏のS君に伝えると

早すぎじゃない?

と言われました。

これが一般的にみた意見ですよね?

でも先ほども言った通り当時の私はK君しか映っていなかったので人の意見など耳に入りませんでした。

気づいた時には私はK君に告白をするために猛アプローチを仕掛けていました。

休日にはこっそりサッカー部の試合を見に行ったり、一日一回K君と話すという目標を立てたり、連絡が途切れないようにないように工夫したりしました。

私はK君のことが好きです。アプローチを本人にしました。

その時点でK君が若干引いていたのは今考えてわかることです。

本当に過去の自分が恥ずかしいです///

それから約1か月。正直自信はありませんでしたが、奇跡にかけK君への告白を決行しました。

RちゃんとS君にも手伝ってもらい、高校の近くの公園にK君を呼び出してもらいました。

なんのことかわからないずK君はとても戸惑っている中私は

「K君。好きです。付き合ってください」

と伝えました。私の中で直接告白するのは初めての経験でとても緊張しました。

心臓がとびはねているのがわかりました。

そしてK君の返事までの時間がとても長く感じました。

そしてK君は

「まだよくMちゃんのこと知らないから今は付き合えない」

正直わかりきっていたことです。奇跡にかけた私が間違いでした。

「そっか。そうだよね。ごめんね呼び出して。これからも友達でいてくれる?」

「こちらこそごめんね。いいよ。」

と言われK君は帰っていきました。

RちゃんとS君はほかの場所で待っていてくれ私は「ダメだった。」と連絡だけ入れました。

わかりきったことでもやっぱ失恋は辛い。そう感じました。

当時はK君に真剣すぎて周りが見えていませんでしたが、もしここでフィリップコトラーマーケティング4.0の考え方を実行していたのならこの告白は成功していたかもしれない。

今なら思います。

ここからは私の失敗例からここを治せば成功したかも!と思う部分をフィリップコトラーマーケティング4.0とともに考えてきたいと思います。

フィリップコトラーマーケティング4.0との関係性

では恋愛とフィリップコトラーマーケティング4.0の関係性に迫ります

まず私が告白に失敗した原因をポイントでまとめてみましょう。

・自分自身のアピール不足

・相手の好みを理解していなかった

・相手との関係性が十分に気づけていなかった

・相手が自分のことをどう思っているのかリサーチ不足

・彼の理想と自分の理想が合わずに価値観を押し付けてしまった

この5つが挙げられると思います。

これはフィリップコトラーマーケティング4.0の考え方と密接しているのです。

ここからは一つずつ解説と解決方法を紹介していきます。

まずは一つ目の「自分自身のアピール不足」部分について解説をしていきます。これをフィリップコトラーマーケティング4.0の考え方ですと過度な生産者思考に変わります。

私はK君のことを知りたいあまり、自分がどういう人間であるのか伝えていませんでした。

そんな知らない人にいろいろ聞かれるなんて恐怖ですよね。今ならわかります。

では私は当時どうすればよかったのでしょうか。

フィリップコトラーマーケティング4.0をもとに解決していきましょう。

まずは、相手を知る前に自分のことを伝えることが大切です。

私を生産者、K君を消費者として考えてみましょう。

生産者が自分の製品(ここで言う自分の長所)を知ってもらうためには消費者に製品を宣伝する必要があります。

これをしなければこの製品の機能、価値はわかりません。そんな謎なもの誰も買いませんよね?

フィリップコトラーマーケティング4.0と4P分析

この4P分析は Product (製品) Price(価格) Place(流通) Primotion(販売)の4つに分かれています。

・Product (製品)は求められているサービス・品質や機能を検討すること

・Price(価格)は製品に見合った価格、支払い方法の検討

・Place(流通)は製品の認知度を上げること

・Primotion(販売)はどのように製品を提供するか検討すること

この4つに別れます。

少し難しいですが恋愛にたとえて説明すると、相手が求めている人物がどのような人なのか把握しその好みに近づき、自分をアピールするということです。

私はこれが全くできていませんでした。

製品である自分をアピールすることをせずに消費者であるK君のことばかりリサーチしていれば需要も供給も成り立つわけがありませんよね。

ですので、フィリップコトラーマーケティング4.0の生産者思考の考え方を取り入れていれば告白の成功の可能性は高まったのではないかと思います。

次は相手の好みを理解していなかった、相手との関係性が十分に気づけていなかったことについてです。

この二つは消費者志向の考え方に当てはまるので同時に説明してしまいますね。

私の最大のミスはK君と連絡を取っていたのにも関わらず肝心な好みを理解していませんでした。

バカですよね(笑)

無駄な連絡の前に聞くことがあっただろ!と当時の自分に言ってあげたいです。

さらにK君との間に関係性を気づくことがないまま告白をしてしまいました。

フィリップコトラーマーケティング4.0で考えてみると、例えば今自分は料理を作るためにお肉が欲しいのに無理に野菜を売りつけられているような感じです。

そんなの誰もが断りますよね?

当然です。

だって必要としていないんですもん。

だから、相手である消費者のニーズを理解することが大切なんです。

フィリップコトラーマーケティング4.0の考え方でも、生産者中心の考え方から消費者中心の考え方に変わった背景には、製品をアピールするだけでは売れなくなったことがあります。

そのため、消費者が今何を求めているのか、何に満足するのかを理解したうえで生産することが大切になってきました。

消費者のニーズを理解し実現した製品が売れるのです。

なので当時の私もK君の好みは何なのか、K君と自分の間の関係性をより深めれば自分の価値や、特徴、人物を理解してくれK君も自分に好意を抱いてくれたかもしれません。

その行動が当時の私には足りていなかったんですね。

次は、相手が自分のことをどう思っているのかリサーチ不足です。

私はK君が自分に行為があるかどうかもわからないまま勢いと奇跡を願って告白をしました。

こんなの失敗して当然です。

告白を成功させるためにはK君が自分に好意があるかどうか確認する必要がありました。

フィリップコトラーマーケティング4.0で考えるなら、消費者の意見を聞くソーシャルメディアを活用するということです。

恋愛の場合、自分の口コミサイトがあるわけではありませんから、友達であるRちゃんやS君に聞いてもらう方法にたとえることができます。

販売した製品の意見を聞いて生産者はより消費者に合った製品を提供することは当たり前の作業です。

それをせずに自分の思いだけを乗せた製品なんて売れるはずはありませんよね?

消費者と生産者の価値観が合った製品を作ることで消費者が買うわけです。恋愛も自分と相手の価値観が合って交際がスタートします。

ですので、まずK君が自分のことをどう思っているのかを理解する必要は十分にありました。ここでもし自分に好意を抱いてくれていたなら告白の成功の可能性は十分にあったわけです。

また、好意を抱いていなければ告白は延長しさらに関係を深めていくことができました。

結果、生産者である私と消費者であるK君の価値観を一致させることが重要だったのです。

最後に彼の理想と自分の理想が合わずに価値観を押し付けてしまったことです。

私はできるだけ早く

K君と付き合いたい!

という思いから関係を気づかず告白をしていました。

なぜ私がそこまでK君と付き合いたかったかというと周りにカップルが増え始めたということと、あと一年で高校を卒業してしまうから最後にカップルとしての青春を味わいたかったという理由です。

ここから見てもK君の気持ちは全く無視してしまっていますよね?

自分の理想だけを語っています。

フィリップコトラーマーケティング4.0の考え方でも消費者目線での自己実現という考え方があります。

顧客の理想とする価値観と、企業が提供できる製品の価値観が合うことが重要になっています。

消費者がどのような理由からその製品を求めているのか、それに生産者がどこまで寄り添って製品を提供することができるのかが大切なのです。それでなければ製品は売れません。

恋愛も相手であるK君が今何を望んでいるのか、自分とこれからどのような関係で進んでいきたいのか、それをしっかりと把握する必要がありました。

以上のことができていればK君との交際に発展していたかもしれません。

フィリップコトラーマーケティング4.0のは決して売り買いの世界だけではなくて、恋愛の世界に置き換えて考えることができるのです。

恋愛と自己実現の重要な関係性について

これを機に皆さんにはぜひ恋をする前に自己実現の必要性を知ってほしいと思います。

フィリップコトラーマーケティング4.0とマズローの法則

『マズローの法則』というのを皆さんはご存じでしょうか?

この法則は心理学者であるマズローが人間の欲求には5つあると唱えたものです。

このマズローの法則はフィリップコトラーマーケティング4.0、仕事、勉強、恋愛など多くの日常生活と密接な関係にあるものです。

では早速5つの欲求を見ていきましょう。

①食べたい、寝たいなど衣食住の生理的欲求

②安全安心の暮らしを送りたいという安全欲求

③会社に所属したい、仲間が欲しいなどの社会的欲求

④誰かに褒められたい、認められたいという承認欲求

⑤自分が目指すあるべき姿になりたいという自己実現欲求

に別れます。

ではこの法則を恋愛に当てはめてみましょう。

①衣食住と性的な交わりを求めたい生理的欲求(生存欲求)

②トラブルや危険を回避したいという安全欲求

③誰かから求められたい、孤独から解消されたいという社会的欲求

④自分が尊重され認められたいという承認欲求

⑤自分の才能や夢、目標を向上させ叶えることができる関係を築きたいという自己実現欲求

に表されます。

①の衣食住と性的な交わりを求めたい生理的欲求は好みの異性と食事に行きたい。映画を見たい。デートをしたい。性欲を満たしたい。という欲求です。性欲は男性のほうが強く感じるかな?と思いますが、恋愛も生理的欲求から始まります。

あなたも好みの異性と特別な関係になりたいと思ったことはありませんか?

しゃべりたい。仲良くたい。すべて含まれます。

この生理的欲求があってこそ恋愛に発展していくのです。

②のトラブルや危険を回避したいという安全欲求は相手といつまでも良好な関係でいたいという思いからでる欲求です。

詳しく言うと喧嘩や失恋を避けたいということです。

あいつと喧嘩したいから付き合う!

なんて思って交際する人などいませんよね?

みんないい関係でパートナーと過ごすことを望んでいます。その欲求が安全欲求なのです。

③の誰かから求められたい、孤独から解消されたいという社会的欲求は一人になりたくない。自分を認めてくれる存在がいつもそばにいてほしいという思いから生まれる欲求です。

これはパートナーと離れたくない。ずっと一緒に居たいと誰もが自然に出るものです。

また好みの男性と付き合っていないにしろ親しい関係であり続けたいという思いからも出ます。

きっとあなたも経験したことがあるのではないでしょうか?

④はパートナーや好みの異性に認められたいという欲求です。

自分のいい面を認めてもらいたい。それで褒められたい。と思うのは不思議なことではありません。

それが自分の好きな人ならなおさらですよね?

⑤は自分がさらなる高みへ行けるように良好な関係を築きたいという欲求です。

彼のためにテスト頑張る!仕事頑張る!

自分の将来のためにも彼に一緒に居てほしい!

こう感じたことはありませんか?

彼を思い何かを行うことはこの欲求からと考えられています。

このようにマズローの法則である人間の欲求をしっかりと把握しておけば恋愛や交際に失敗が少なくなります。

また、マズローの法則も自己実現との密接な関係にあることが分かったと思います。

フィリップコトラーマーケティング4.0と本質的なニーズとウォンツ

・相手が何を求めているのかを考える

・自分という名の製品を知ってもらう

・コミュニケーション能力

が共通点であるといえます。

まず、相手が何を求めているのか考えることについては、消費者である彼が買いたい製品や彼女にしたい女性に一体何を求めているのかを考えリサーチすることが重要です。

需要に見合っていない供給をしたところで製品であるあなたは彼の彼女にはなれません。

需要と供給が合うことで売り買いも交際も成立するのです。

このことによって、何を消費者が求めているのか、逆にこんな製品は嫌だ。というそこまで把握する必要があるのです。

それを把握しなければ私のような結果になってしまうので注意してください。

次は、自分という名の製品を知ってもらうということです。

消費者である彼が何を求めているのかを把握できたとします。その次は自分自身を消費者である彼に宣伝しなければ彼が製品である私を求めては来ません。

なぜならその製品である品質という名のあなたの性格、この製品がそこで作られそこで育ったのかなどの詳しいプロフィール、消費者である彼から見て製品であるあなたは自分と価値観や理想に合ったものなのかなど消費者である彼が知っておくべきことはたくさんあります。

実際の製品はネットや取扱説明書に詳しく書いてありますが、より製品をアピールするには宣伝が必要なのです。

人間は取扱説明書などがあるわけでもないのでなおこの宣伝というアピールが重要になってきます。

これをしなければ彼が製品である自分に関心など持たないでしょう。

ですから消費者である彼を知るだけなく製品である自分をさらにアピールすることは重要なのです。

そして最後に彼とのコミュニケーションをとることが大切です。

マーケティングの製品も消費者とコミュニケーションをとることでアピールをしています。

例えるなら口コミサイトへの返信、お客様サポートセンターの開設、アフターサービスの充実などがあげられます。

人間で考えてみます。

人間に口コミサイトはないので、LINEなどでの連絡、対面式での日常会話、SNSの活用などができるのではないでしょうか。

また、人間の特権として誕生日などにお祝いをするように記念日を利用することでコミュニケーションをさらに取れると思います。

消費者である彼を把握し、製品である自分をアピールしたうえでコミュニケーションをとることでより彼との関係性が生まれるのです。そして需要と供給が成立し交際に発展します。

ですのでコミュニケーションは恋愛にとってとても重要なのです。

フィリップコトラーマーケティング4.0まとめ

今回は私が実際に高校生の時に体験した恋愛の失敗をもとフィリップコトラーマーケティングが提唱したマーケティング4.0と恋愛の関係性についてまとまました。

恋愛とフィリップコトラーマーケティング4.0など全く関係のない二つと感じていたかもしれませんが実際はとても密接した関係であることが分かったのではないでしょうか?

みなさんも私のように失敗しないようにフィリップコトラーマーケティング4.0を理解し、告白をしてみてください!

行動に移せば必ず成功します!!

追伸
長瀬です。

いかがでしたか彼女の説明わかりやすかったでしょうか?

彼女が一からネットマーケティングを構築する無料講座があるのですが少しだけ興味のある方、冷やかし半分でも聞かせてもらおうか?と思われた方は以下から登録をどうぞ

 

では、戦略的バトラックスマーケティングではどうするのかということですが

興味のある方はこちらからどうぞ

メルマガは、
こちらからご登録ください。

LINEは「@kazuya」で検索するか
下のボタンからご登録ください。

友だち追加

 
では、戦略的バトラックスマーケティングではどうするのかということですが
わかりやすく言いますと
マーケット市場の強者からの影響を受けない強さを伝授致します。
 
強いて言えばあらゆるマーケットの承認欲求からの解放を
バトラックスマーケティング戦略として伝授します。
 
本来の目的や強みを構築する
頭一つ抜けたマーケティングとなります。
 
伝授する内容は

戦略的バトラックスマーケティングの基礎
相対的なマーケティング技術の取得
誤視認性のマーケット理論
神秘性マーケティング
独自路線のマーケティングルール
バトラックスマーケティングの戦略方法
バトラックスマーケティングが成立する条件

を伝授していきます。

興味のある方はこちらからどうぞ

メルマガは、
こちらからご登録ください。

LINEは「@kazuya」で検索するか
下のボタンからご登録ください。

友だち追加