MENU
フィジカルエビデンスマーケティング

フィジカルエビデンスマーケティングで挑む!商品の未来!

フィジカルエビデンス (Physical Evidence) マーケティングとは?

マーケティングを勉強していくなかで、一番最初に「は??」となるのはおそらくマーケティングの4Pを乗り越えた直後にいきなり出てくるマーケティングの3Pの最後の一つ、フィジカルエビデンス (Physical Evidence) マーケティングでしょう。

今までPLACEやらPROCESSやら単語を中心にふんふんと勉強してきて、いきなりの連語。

しかもあんまり聞いたことのないかっこいい感じの言葉。

肝心の意味は、「物的証拠」

いきなりジャンルをビジネスからミステリーに変えないでほしい……。

そう思ったあなたはきっと私と友達になれるでしょう。

いきなりジャンルをミステリーに変えてきたこのフィジ……なんとかを分かりやすいたとえ話を使いながら、ビジネスジャンルに引き戻していくとしましょう。

フィジカルエビデンス (Physical Evidence) マーケティングの具体例

ここに二人の男女がいるとします。

付き合いたて、ラブラブの二人です。

ええ、分かっています。そうなんです、またです。またジャンル変更です。

仏の顔もっていうじゃないですか。勘弁してください。

さあ、付き合い立て、ラブラブの二人がデートをすることになりました。

A男(今日は付き合い始めて最初のデート……失敗はできないぞ!)

張り切っていますね。

なんならデートコース、財布の中身、会話シュミレーションも完璧です。

この時点で、マーケティング4Pの

1 製品(Product)

2 価格(Price)

3 場所(Place)

4 プロモーション(Promotion)

はばっちり抑えていると言えるでしょう。

A男(デートの最後、別れ際にライトアップがめっちゃ映える駅前広場でこれを渡せばもう間違いない!)

A男がコートの内ポケットから取り出したのは、……

ピンクのハートのネックレス。

4℃あたりでしょうかね。可愛いデザインのネックレスです。

女性読者の皆さんや。ある程度女性とのお付き合いのある読者の皆さんならもう分かってしまったかと思いますが、A男的には完璧なこのデートプラン。

B子(彼女)的には最後の最後で厄介なものを渡される若干失敗の匂いのするデートになります。

どうしてそんなことになってしまうのか。

ピンクのハートネックレスの何がいけないのか。

二人のデートの様子を見ながら、解説していきましょう。

B子の髪が車道を走る車にあおられ、度々乱れます。

乱れる度に眉をわずかに寄せて髪を直しているのですが、好きな女の子とのおしゃべりとこの後の一大イベントに内心ドキドキしているA男はそのことには気付きません。

B子「すっごく楽しかったよ、今日誘ってくれてうれしかった。本当にありがとう!」

A男「俺がやりたかったんだから良いんだよ。そろそろ遅くなっちゃうし解散する?」

B子「!そうだね、そろそろ……」

A男「あ、B子。その、これ……」

B子「えっ……」

おずおずと内ポケットから差し出された箱には4℃のロゴマーク。

B子「えーほんとに!?嘘、いいの?ありがとう!開けてもいい?」

A男「いいよ。見てみて」

促され、箱を開けたB子でしたが……

B子「あっ!?

明らかに動揺した声ですね。

A男「どうかな。気に入ってくれると嬉しいんだけど」

B子「ううん、うれしいよ。こういう可愛いデザインってあんまり持ってなかったから……」

ちなみに今日のB子のネックレスはシンプルな金のチェーンとフェイクの小さな宝石が控えめに散りばめられたチェーンの2連ネックレスです。

B子「……本当にありがとう!うれしい!あ、そろそろ電車が来ちゃうからいかないと!またラインするね!」

A男「(えっもう行っちゃうの?)うん、分かった!今日はありがとう!」

二人は最後にぎゅっとハグをしてそのまま分かれました。

所変わって、駅のホーム

どこかにB子はどこかに電話をしているようですね。

B子「…あ、C子?あー、うん。デート終わったとこ―。はは、うん……いやー、うーん……」

なんだか言いよどんでいますね。

B子「なんだろう、頑張ってくれたのは分かるんだけど……歩いてるとき手ぇ繋いでたんだけどさ、ほかの歩いてる人の邪魔になるとかそういうこと全然気にしないんだよね……。

あっちがどかないから全部私が謝ったり避けたりしてさあ……。

うん……普通に私が車道側歩かされて……車に煽られて髪ぼっさぼさになるし……うーん…………」

B子「あと最後にもらったネックレスがさー、ピンクのハートだよ?ありえなくない?街歩いててこんなん着けてる女いる!?いや、いるかもしれないけど少なくとも私は……いいや。また会って話そう。きりがないや。うん、またね」

終話ボタンをタップして、疲れたようにB子は大きなため息をひとつ着きました。

B子「……まあ無理やりホテルに連れ込まれるよりましかー……」

散々な評価です。

デートプランに悪いところはなかったようですが、それ以外のところで引っかかるところがたくさんあったようです。

どうしてそんなことになってしまったのでしょうか。

フィジカルエビデンス (Physical Evidence) マーケティングの考察

フィジカルエビデンス (Physical Evidence)も交えつつ考えていきましょう。

A男は最高のデートコース、つまり話題の映画鑑賞、しゃれたレストランでの食事などのコースをあらかじめ用意しておいた話題と共に完璧に提供していました。

しかし、B子が今はなしていただけでも、

・車通りの多い道で、B子に車道側を歩かせる

・混み合う道にも関わらず手をつないだまま歩いて他の歩行者の進行を妨げる。

という問題があったようですね。

マーケティング4Pについては先ほど簡単にお話ししましたが、その増補版としてマーケティング7Pがあります。

7Pとは?フィジカルエビデンス (Physical Evidence) マーケティング

そう、この7Pの中にフィジカルエビデンス (Physical Evidence)が入っているのです。

マーケティングの7Pとは、

1 製品(Product)

2 価格(Price)

3 場所(Place)

4 プロモーション(Promotion)

5 人(要員)(Personnel)

6 プロセス(業務プロセス)(Process)

7 物的証拠(Physical Evidence)

を指します。

これを今回のデートに置き換えていくと、

1 デート(Product)

2 予算(Price)

3 デートコース(Place)

4 贈り物を含む演出(Promotion)

5 B子の趣味(Personnel)

6 移動の順番(Process)

7 安心・安全の証拠提供(Physical Evidence)

になるのかなと思います。

フィジカルエビデンス (Physical Evidence) マーケティング安心・安全の保証

先ほどB子は、安心・安全の保証、つまりそう、フィジカルエビデンス (Physical Evidence)マーケティングが蔑ろにされている、と友人のC子に愚痴っていたのですね。

どんなに素晴らしいデート(商品)を提案されたとしても、安心してデートを楽しめるような環境(安心・安全の証拠)がなければ、彼女(顧客)は引いてしまってついてきてはくれないよ、ということですね。

いかがですか?

ビジネスからミステリー、恋愛そしてビジネスとジャンルは転々としましたが、フィジカルエビデンス (Physical Evidence)マーケティングについての理解は深まったでしょうか。

せっかく素敵に生み出された商品。

安全面の考慮を疎かにして適正な評価を得られなくなってしまうということは絶対に避けたいですね。

では、戦略的バトラックスマーケティングではどうするのかということですが
わかりやすく言いますと
マーケット市場の強者からの影響を受けない強さを伝授致します。
 
強いて言えばあらゆるマーケットの承認欲求からの解放を
バトラックスマーケティング戦略として伝授します。
 
本来の目的や強みを構築する
頭一つ抜けたマーケティングとなります。
 
伝授する内容は

戦略的バトラックスマーケティングの基礎
相対的なマーケティング技術の取得
誤視認性のマーケット理論
神秘性マーケティング
独自路線のマーケティングルール
バトラックスマーケティングの戦略方法
バトラックスマーケティングが成立する条件

を伝授していきます。

興味のある方はこちらからどうぞ

メルマガは、
こちらからご登録ください。

LINEは「@kazuya」で検索するか
下のボタンからご登録ください。

友だち追加