ソリューションマーケティング

知らないと損をする!?ソリューションマーケティングによる企業努力

普段インターネットなどでよく目にするのは企業の製品に関するアンケートですよね。

アンケートでお小遣い稼ぎができるサイトやアプリなど利用されている方もいるかと思います。

でもアンケートを適当にやってしまうことによって思わぬ損をしてしまうこともあるんです!

そこでアンケートを真剣にやることで自分にどういうメリットがあるのか紹介していきます。

ソリューションマーケティング・アンケートって何でやるの?

複数のアンケートサイトがあり、毎日いろいろな企業のいろいろな製品やサービスについてのアンケートが更新されますよね。

やってみたことがある方なら分かると思いますが、新着アンケートが届いたお知らせメールが一日に何通も来ます。

私の場合メールが来てる!と思って開いてみるとたいていアンケートのお知らせメールかショッピングサイトの広告で、その中にたまに家族や友人からのメールがあるといった感じです。

気軽にお小遣い稼ぎができるアンケートモニターですがどうしてそんなにたくさんのアンケートが存在するのか考える人は少ないと思います。

実際私も考えたことなんてありませんでしたし、それを知ったところで自分には関係ないと思っていたからです。

でも製品やサービスのアンケートがたくさん存在するということはそこに企業にとってのメリットや必要性があるということです。

企業は消費者がどのように感じているのか生の声を聞きたいと思っているのです。このように消費者のニーズを調べることをソリューションマーケティングといいます。

ソリューションマーケティングとはアンケートをとることだけを指しているわけではなく、お客様相談室にかかってくるクレームや意見を分析する、実際に顧客と関わる営業マンの意見を聞くなど様々です。

その全てについて説明するのは難しいので私たちにとって一番身近にあるアンケートに的を絞って説明していきます。

ソリューションマーケティングとは

上記でも簡単に説明しましたが、企業は消費者が何を求めているのか、どういうものを必要としているのかを知りたがっています。

それは他の企業や製品には無い特徴を出したいからです。せっかく良い素材を使って手間暇かけたとしてもそれが消費者の求めているものでなければ売れませんよね。

これだけこだわりが詰まっているのだからこの価格は当然!と他の製品よりも高い金額で販売しても消費者にそのこだわりが伝わっていない、そもそも必要性を感じられなければ誰も買いませんよね。

似たような機能を持っていて価格もお手頃な他社製品があれば当然そちらを買います。

私も貧乏性なので百円均一のお店で同じようなものがあればそちらを買います。わざわざ高いお金をだして似たような製品は買いません。

そんな中売れるようにするためには価格を下げるしかありません。

どんなにこだわりがあって手間暇かかったものだとしても売れなければ意味がないので結局他社製品と同じような価格にまで落とすしかありません。

でもそれではたくさんの中の一つなのでこれがいい!と選ばれることも少なくなりますし、何より利益が出ません。

それでは価格を落とさずに選ばれるためにはどうしたらいいか?それは高くても買いたい!と消費者に思ってもらわなければなりません。

安い商品には無い良い機能があると思ってもらわなければ選ばれることは難しいです。

ブランド品は高くてもなぜ売れるのかというと安い商品に比べて機能性がある、持っているだけで気が引き締まったり箔がついたりするというメリットがあるから売れるのです。

私の主人もブランド品が好きで新品は高くて手が届かないものは中古を買ってでもブランド品を持とうとします。

理由は安いものはやっぱり安っぽく見えてしまうから、自分好みの良いものを持つことによって仕事を頑張れるからです。

私は正直そんなに違いは分からないのですが、それで仕事を頑張ってくれるならと極力何も言わないようにしています。

このようにその人にとって需要がある、必要だと思うから高くても買うのであってそうでなければ買いません。

同じように日常で使う普段着や生活雑貨を購入する場合どの製品を使っても同じならば一番安いものを選びますし、逆にその製品にしかない魅力があるなら高くても買うのです。

だからアンケートをとって自社の製品に何が必要なのかを調べているのです。

あまり売れていない製品ならば消費者の製品に対する満足度はどのくらいか、どういうところがいけないと思っているのかを調べる必要があります。

逆に今売れている商品ならば今後も売り続けるために製品に満足しているかどういう特徴があったらより良いかを調べなければなりません。

今まで売れているから大丈夫と思っていても時代と共に消費者のニーズも変わってくるので、突然売れなくなることもあります。だから定期的に消費者のニーズをチェックする必要があります。

また魅力的で良い商品を作ってそれが売れたとしても、他社が自社よりも安価な材料を使って同じような製品を作ったらまた売れなくなってしまうので更なる改革をしなければなりません。

このようにその時だけ良いのではなく消費者のニーズに応え続けていくためにも企業の消費者に対するアンケートがなくなることはないのです。

地道なアンケートによって消費者が求めているものは何か、自社の製品に何が足りていないのかを知ることがソリューションマーケティングによる企業の努力です。

相手のことを知る必要があるのは恋愛でも同じ

ソリューションマーケティングのように恋愛においても相手のことを知ることは大切です。

例えば記念日や相手の誕生日にプレゼントを贈るとしましょう。ただ何でも良いというわけではなく相手が喜ぶものをあげなければいけません。

そのためには好みや今欲しいものなど相手に関心を持ち、相手のことを知らなければなりません。相手に関心を持つことは愛情表現にもなります。

愛情の対義語は無関心です。相手に関心を持たないということは愛情も伝わらないということです。

相手のためを思ってプレゼントしても喜んでもらえなければ悲しくなりますし、せっかくあげたのに!と腹を立ててしまうこともあるでしょう

では逆に恋人にプレゼントとしていらないものをもらったらどうでしょう。相手は自分のことを分かってないんだなと悲しくなりませんか?

中には自分のために時間とお金をかけて選んでくれたのだから嬉しい!と思う人もいるでしょう。でもそれは相手の気持ちが嬉しいのであってその物自体が嬉しいわけではありません。

もちろん一番大切なのは気持ちで、物ではありませんが、やはりもらうなら心から喜べるものをもらいたいですよね。

私も結婚前主人が誕生日プレゼントを送ってくれたことがあります。遠距離だったので郵便で送られてきたのですが、スティッチの旅行用の歯ブラシでした。

確かにスティッチは好きと言ったけれど何で歯ブラシ?しかも何で旅行用?と本当に不思議でした。

しかも友人が家に遊びに来ていた時に届いたので「なになに?早く見せて!」と楽しそうな友人たちの前でお披露目することとなり、とても恥ずかしい思いをしました。

友人たちは気を使って「あ、、可愛いね~」と言ってくれたのですがとても微妙な空気になりました。

もちろん私のことを思って送ってくれたのでお礼は言いましたが、結局使う機会はあまりなくタンスにしまいっぱなしです。

恋人同士の場合は相手の気持ちが嬉しいからと喜んだりしますが、相手が企業だといらないものはいらないですよね。しかも自分がお金を出して買うならなおさらです。

だからこそ徹底して相手のニーズを知ることが大切なのです。

真面目にアンケートに答えないと損をする

アンケートっていろいろなものがありますよね。

動画を見た感想を聞いたり、特定の製品についての意見を聞いたりするものなど様々です。

短いものならすぐに終わりますが、長いものだとやっているうちに疲れてきて適当になってしまったりしませんか?

私も長いアンケートだと疲れてしまって後半は少し適当になってしまう時があります。

では冒頭で書いたアンケートに真面目に答えないと損をすることがあるというのはどういうことなのでしょうか?

アンケートをとって意見を聞くというのはより消費者が求めるものを提供するためですが、逆に言うと真面目にアンケートに答えないと自分の必要としているものが伝わらないということです。 この製品ここの部分が改善されたらもっといいのに。この部分が改善された良い商品が出ていたら高くても買うなと思っているものがあるとします。 でも思っているだけではそれを開発している企業には伝わらないですし、企業に直接伝えることもできません。 そこで活躍するのがアンケートです。たとえこの部分を直して下さい!と書けなくても満足しているかどうかの項目を選ぶだけで企業は消費者のニーズに応えられていないと知ることができます。 するとどうすればより消費者に喜んでもらえるか企業は努力しますし、意見を聞こうとします。そうしてより良いものが出来ていくのです。 逆にあまり考えずただのお小遣い稼ぎ程度に考えて適当にやっていたら企業はそのままでいいのかと思い製品の改善をすることもないでしょうし、より良いものは生まれづらくなってしまいます。 結局自分の手で自分にとって良いものができる可能性を潰してしまっているのです。自分の生活が豊かになるかもしれない機会をみすみす逃してしまっているので損していると言えるのです。 もちろん企業側も売れなければ対策を考えるでしょうが自分たちだけで考えても答えは出づらいですし、時間がかかってしまいます。 結局相手について知りたいなら相手に聞くのが一番早いのです。そのためのアンケートなので自分の人生をより豊かにしたいなら与えられた機会はしっかりと活用した方が良いでしょう。 ソリューションマーケティングを代行する会社もある 消費者が何を求め、自社に何が足りないのかを知りたいのはどこも同じですが、すべての会社がそのやり方に成功するわけではありません。 アンケートを見ていると製品に満足しているか5段階で評価するだけというものもあります。 アンケートをする側からしたらその方が簡単で時間もかかりませんし、理由も考えなくていいので楽ですよね。 でも企業の立場に立った時に参考にはなるかもしれませんがどこを改善すればいいのかはわかりません。 悪い評価を付けた場合どこが気に入らないのか、逆に良い評価を付けた場合はどういうところが良いと思っているのかを知ってこそ自社の強み、弱みを知ることができるのです。 しかし、詳しいアンケートをとり情報を得られたとしてもそれを分析して改善に繋げられなければ意味がありません。 全ての会社でこれらのことができているのかというと難しいのが現状です。うまくやれているところもあるでしょうし、なかなか思うようにいかないところもあるでしょう。 そこで活躍するのがソリューションマーケティングを代行し経営をサポートしてくれる会社です。 これらの会社は顧客について調べた情報を分析し顧客が何を求めているか、どう改善したら良いかをアドバイスしてくれます。 より良いものを作ってもらおうと頑張ってアンケートに参加してもそれをうまく活用してもらえなければがっかりしてしまいますよね。 自分だけの意見が反映されるわけではないにしてもそもそも活用さえされなければ虚しくなってしまいます。 でも企業がこれらのサービスを利用することによって私たちの意見を反映してくれたら頑張った甲斐がありますよね。 会社の経営を助けるだけでなく、消費者が何を求めているか分析する会社が多数存在するということはそれだけ私たち消費者の意見が大切だということです。 まとめ 1. アンケートは消費者のニーズを知り製品改善に活かすためのもの 2. 消費者のニーズを知り改善することをソリューションマーケティングという 3. 相手にとって知ることは恋愛においても大切 4. 企業が消費者を知るためのアンケートなので真面目にやらないとより良いものは生まれず結果損をする。 5. 消費者の意見をきちんと反映するためサポートする会社もある 企業がせっかく私たちのことを知りたいと思ってくれているので与えられた機会はしっかり活用したいですね。 でもアンケートサイトの中には個人情報を盗られたりする危ないものも存在するみたいなので気をつけてくださいね。安全なサイトでより良いものを作るための貢献をして賢くお小遣い稼ぎができたら良いですね。

では、戦略的バトラックスマーケティングではどうするのかということですが
わかりやすく言いますと
マーケット市場の強者からの影響を受けない強さを伝授致します。
 
強いて言えばあらゆるマーケットの承認欲求からの解放を
バトラックスマーケティング戦略として伝授します。
 
本来の目的や強みを構築する
頭一つ抜けたマーケティングとなります。
 
伝授する内容は

戦略的バトラックスマーケティングの基礎
相対的なマーケティング技術の取得
誤視認性のマーケット理論
神秘性マーケティング
独自路線のマーケティングルール
バトラックスマーケティングの戦略方法
バトラックスマーケティングが成立する条件

を伝授していきます。

興味のある方はこちらからどうぞ

メルマガは、
こちらからご登録ください。

LINEは「@kazuya」で検索するか
下のボタンからご登録ください。

友だち追加