未分類

バイラルマーケティングとは?バズマーケティング手法?

バイラルマーケティング(Viral Marketing)とは?口コミマーケティング手法。

バイラルマーケティング
(Viral Marketing)

という
言葉を聞いたことはありますか?

初めて耳にする方や、
聞いたことがある人でも、

初めて聞いたときは

「バイラルって?
どういう意味なの?」

と思われた方が、
ほとんどではないでしょうか。

私も初めて聞いたときは、

どういう
マーケティングなのか、
わかりませんでした。

しかし、

バイラルマーケティング
(Viral Marketing)に

ついて調べてみると、
インターネット上で、

最近よく見るアレ
だとわかりました。

インターネットの発展により、

現代では、
色々なマーケティング
手法が生み出されています。

しかし、
どんなマーケティングなのか、

さらには、
そもそもマーケティングの

名前やその意味も
よくわからないと

感じている人も
いるはずではないでしょうか?

バイラルとはウイルス性のマーケティング手法

皆さんの中にもご存じの方が
いらっしゃると思いますが、

最近のウェブサイトには、
記事の終わりやページの下部などに、

「友達に教える」
「メールで教える」
「記事をシェアする」

などが書いている
アイコンがあります。

そして、それをウェブページを
見た人がクリックすることで、

サイトページをそのまま他の人と
簡単に共有できるようになっています。

これは一例ですが、
このようなインターネット上の

機能を利用したマーケティングが、

バイラルマーケティング
(Viral Marketing)です。

名前は知らないけれど、
この機能なら知っている

という方もいるのでは
ないかと思います。

なお、この機能を
知らないという方は、

まず口コミを
想像してみてください。

例えば、
友人や職場の同僚が、
結婚相手を求めて、

出会いが欲しいと
言ってきたとします。

たまたま自分が知っていた
結婚相談所があれば、

「こういう会社があるんだけど、、」

とその人に紹介します。

会社のパンフレットや、
その会社の人の名刺などを

渡して紹介すると、
より情報が伝わります。

そして、その会社を
使った人が良いと思えば、

また誰かに紹介する
ことがあるかもしれません。

バイラルマーケティング
(Viral Marketing)は、

このような紹介や情報共有を
インターネット上で行います。

例えば、
結婚相談所の
ウェブサイトページに、

先ほど説明した
共有機能が付いていれば、

それをクリックして、
紹介したい人にメールや
SNSで送るということです。

よって、
バイラルマーケティング
(Viral Marketing)で、

見込み客の獲得や
宣伝効果を生み出す
ことができれば、

パンフレットなど

たくさんの
紙の資料作成が
不要になります。

そして、
会社ホームページなどの
ウェブサイト内に情報を
アップしていくだけで、

365日24時間、
誰にでも自社の商品や
サービスを共有してもらえるため、

手間を省くことができ、
コストカットも可能になります。

インターネットを
利用した現代的な
マーケティングですね。

ちなみに、
「バイラル」は

英語の「viral」で
「ウイルス性の」という意味です。

つまり、
バイラルマーケティング
(Viral Marketing)は、

不特定多数の人から人へ
情報が広まっていくように、

仕掛けていく
マーケティングのことなんです。

バイラルマーケティング(Viral Marketing)の本質とは!?

ここまでで、
「バイラルマーケティング
(Viral Marketing)の特徴が
わかってきた!」という声や

「早速これをやってみよう!」と
意気込んでいる人がいるかもしれません。

私もバイラルマーケティング
(Viral Marketing)のことを
知ったときは、インターネットがあれば、

できるのだから、
「これは皆やらないと
損じゃないのかな?」とも思いました。

しかし、バイラルマーケティング
(Viral Marketing)を始める前は
冷静に落ち着いていきましょう。

なぜなら、
バイラルマーケティング
(Viral Marketing)には、

マーケティング意図に反した
結果になる可能性もあるからです。

もちろん、商品やサービスに
関するウェブサイトのページが、
不特定多数の人たちに広まれば広まるほど、

商品やサービスの宣伝効果が上がるため、

すぐに、どの会社でもやった方が
いいマーケティングではないのか
という意見もわかります。

しかし一方で、
情報が拡散していくベースが、
人から人への情報共有が主であるため、

広告のように顧客の反応
や市場の様子を見ながら、
発信加減を調整することができません。

場合によっては、会社が
意図することと異なる内容で解釈され、

そのままの内容で、情報が
広まってしまうおそれがあります。

だからこそ、バイラルマーケティング
(Viral Marketing)をやるには、

まず情報共有される商品や
サービスの本質を確認して
おく必要があります。

顧客にとって、
商品やサービスが
魅力的であるのかを

しっかり判断することが
不可欠なのです。

例えば、
出会いを求めている
大切な友人がいたとして、

普通はその友人に
悪い人を紹介しませんよね。

紹介方法よりも、
まず誰を紹介するかを考えて、

出来る限り良い人を
紹介しようとすると思います。

しっかり判断できずに、
悪い人を紹介してしまうと、

自分への評価が変わり、
良好だった人間関係にも
ヒビが入ってしまいます。

このように、
バイラルマーケティング
(Viral Marketing)を
利用する以前に、まずは、

商品やサービスのことを
見極めておきましょう。

昔は、
商品やサービスを利用した人が、
その体験を共有する範囲は、

住んでいる地域に限り、
狭い範囲でしが共有
できていませんでした。

しかし、
現代ではインターネットでの
情報拡散が可能なため、

誰かが、
ポジティブな内容でも、
ネガティブな内容でも、

インパクトのある情報を
ネット上にアップしただけで、

日本だけでなく、
世界中にその情報が
広められてしまいます。

広まってしまった情報は
なかったことにはできない
現代の事情を肝に銘じておきましょう。

バイラルマーケティング(Viral Marketing)のべースとは?

商品やサービスの品質も確認したし、

バイラルマーケティング
(Viral Marketing)を
始める準備が整って、

早速始めていこうと
思っている人もいるかもしれません。

しかし、
バイラルマーケティング
(Viral Marketing)を
効果的に行うには、

インターネット上で
共有機能を利用すれば
いいというだけではありません。

私も始めは、
バイラルマーケティング
(Viral Marketing)を

安易に考えていましたが、
やはりマーケティングに
楽な方法ってないんですね。

この機能だけで
影響力を大きくすることは、

非常に難しく、
バイラルマーケティング
(Viral Marketing)には、

相当な手間や時間が
かかることがわかりました。

それは、
一定のファンとも言える
フォロワーを集めておくような
土台づくりが必要だったのです。

例えば、とある地域で、
自治体主催の婚活イベントが
開かれるのと、某テレビ番組の

お見合い系のイベントがあったとしたら、

すぐにどちらのイベントに
多くの参加者が集まるでしょうか。

相違点は多々ありますが、
某テレビ番組のイベントの方に
多くの参加者が集まるでしょう。

それは、すでに
日本全国にファンがいるからです。

このように、
バイラルマーケティング
(Viral Marketing)も、

すでに一定の顧客がいる
土台で、初めて効果が出るのです。

バイラルマーケティング(Viral Marketing)事例

実際、
バイラルマーケティング
(Viral Marketing)を

成功させた会社は、
数年間にわたる入念な

準備期間をかけて、
ファンとも言える一定の
顧客を獲得していきました。

バイラルマーケティング
(Viral Marketing)を
始める前に、一定のファンを

獲得していくための有益な
情報となるコンテンツを制作して、

そのコンテンツを
インターネット上で配信したのです。

結果、様々なSNS上で拡散されていき、
会社のホームページのアクセス数や
SNSのフォロワーも増やすことに成功しました。

なお、この準備期間から、
すでにインターネット上でのみ、
情報発信をしていきます。

他の媒体は使いません。

やり方は単純ですが、
注目を集めるコンテンツを作るために、

会社の顧客層を分析し、
どんなものが好まれているのか、
流行っているものは何かなどを

考えるところから始め、
調査や制作に手間と時間をかけています。

しかし、いくら手間と時間をかけても、
肝心の会社のホームページのアクセス数や

SNSのフォロワーの人数が少なければ、
バイラルマーケティング(Viral Marketing)

の効果が小さくなってしまい、
いざバイラルマーケティング(Viral Marketing)
を仕掛けても、情報の拡散が見込めません。

いかにバイラルマーケティング
(Viral Marketing)を始める前の
土台づくりが大切なのかがわかりますね。

バイラルマーケティング(Viral Marketing)とミレニアル世代

ここまでの内容で、
「バイラルマーケティング
(Viral Marketing)って
何だか大変そうだな、難しそうだな」

と思ってきた人もいるかもしれません。

私も、バイラルマーケティング
(Viral Marketing)の知識が
なかったときは、そう思っていました。

最初は知らないことが多くて、

特別なマーケティングに
感じるかもしれません。

しかし、
現代ではバイラルマーケティング
(Viral Marketing)を活用している

会社が増えており、これからは、
バイラルマーケティング(Viral Marketing)
のようなインターネットマーケティングが
中心となる世の中になっていく傾向にあります。

だからこそ、
インターネットマーケティングの

進化とともに、
私たちの意識も急速に進化されています。

例えば、ガラケーに変わる
スマホが出てきたときや、

電話やメールに変わる
LINEが出てきたときも、
最初はとまどう人もいて、

「なんだか難しそう。
よくわからないから使ってない。」

という声もありました。

それは、はじめは使い方や
機能のことを知らなかったからでしたよね。

しかし、若い世代を中心に、

友人や恋人間で広まり、
家族間でも使うようになり、
今ではあらゆる世代で受け入れられています。

周囲の人が使い方を覚えていくことで、
人々の意識が進化し、

自分もやってみよう
と思う人が増えていきました。

若い世代では、
今や告白のツールに

なるほどにまで、
LINEが浸透しています。

また、現代の消費活動の中心は、

そのSNSが生活に欠かせない
世代になっています。

従来の考え方や価値観とは、
大きな違いがある2000年代に

成人になるミレニアル世代と
言われる人たちに対しては、

なおさら、
バイラルマーケティング
(Viral Marketing)のような

インターネットマーケティングが
欠かせない手法になっています。

時代によって、
インターネットマーケティング
の進化は続いていくでしょう。

それに伴って、
私たちも進化していくために、
このミレニアル世代での流行や
嗜好をいち早く察知したり、

バイラルマーケティング
(Viral Marketing)の

様々な事例の研究などを
続けていく努力が必要です。

バイラルマーケティング(Viral Marketing)のリスク対策

どんなマーケティング手法にも、

短所があり、
予想通りの効果を
得られないこともあります。

なかでも、
バイラルマーケティング
(Viral Marketing)は、

先でもお話ししたように、
会社が意図することと
異なる内容で解釈されて、

情報が拡散してしまうと、
爆発的にネガティブな印象を
与えてしまう結果になることもあります。

会社の商品や
サービスがポジティブに
紹介されることは喜ばしい成果ですが、

必ずしも良い内容ばかりとは限りません。
ネガティブな情報が共有されることも
発生してくることも考えられます。

ネガティブな情報が
拡散されてしまったときの対応方針を、
可能な限り事前に決定しておくことも大切です。

基本的にはネガティブな
意見にも耳を傾け、

真摯な対応を心がけることが大切です。

会社ですでに決められた方針で、
バイラルマーケティング
(Viral Marketing)における
リスク対策が万全なのかも、

新たなマーケティング手法への
知識を深める中で、留意しておきましょう。

なお、
バイラルマーケティング
(Viral Marketing)においても、

一般的なクレーム方法と同様に、
商品やサービスへの顧客のネガティブな
反応があれば、その声を商品やサービスの

品質向上に活かしていくという姿勢は同じです。

その原因を突き止めるように、
丁寧に対応していく基本を忘れないようにしましょう。

バイラルマーケティング(Viral Marketing)まとめ

バイラルマーケティング(Viral Marketing)とは、
商品やサービスを利用した顧客が、他人に情報共有し、
不特定多数の人から人へ情報が広まっていくように、
仕掛けていくマーケティングのこと。

バイラルマーケティング(Viral Marketing)をする前に、
情報を拡散する商品やサービスの品質を確認しておく。

バイラルマーケティング(Viral Marketing)は、
一定の顧客やフォロワーを獲得して土台をつくる準備が必要。

バイラルマーケティング(Viral Marketing)などの
インターネットマーケティングで、若い世代を中心に、
人間の意識が進化されていく。

バイラルマーケティング(Viral Marketing)は
リスク対策も必要。ネガティブな反応への対応は基本を守る。

では、戦略的バトラックスマーケティングではどうするのかということですが
わかりやすく言いますと
マーケット市場の強者からの影響を受けない強さを伝授致します。
 
強いて言えばあらゆるマーケットの承認欲求からの解放を
バトラックスマーケティング戦略として伝授します。
 
本来の目的や強みを構築する
頭一つ抜けたマーケティングとなります。
 
伝授する内容は

戦略的バトラックスマーケティングの基礎
相対的なマーケティング技術の取得
誤視認性のマーケット理論
神秘性マーケティング
独自路線のマーケティングルール
バトラックスマーケティングの戦略方法
バトラックスマーケティングが成立する条件

を伝授していきます。

興味のある方はこちらからどうぞ

メルマガは、
こちらからご登録ください。

LINEは「@kazuya」で検索するか
下のボタンからご登録ください。

友だち追加