ウェブマーケティング

ウェブマーケティング(Web Marketing)とは?

 

ウェブマーケティング(Web Marketing)とは?

ウェブマーケティング(Web Marketing)とは、読んで字のごとくウェブ上で

つまりネット上でおこなうマーケティングのことです。

これマーケティングの単語にウェブとういう単語がくっついているのですが、分解した主軸のマーケティングという言葉ほど本当に実際これほど難しい言葉はなくて色々な方が様々な定義をしています。

有名なところではコトラーが定義しているのですが

【マーケティングマネジメント】という書籍の中に定義していることを抜粋すると

【 マーケティングとは、価値を創造し、提供し、他の人々と交換することを通じて個人やグループが必要とし、欲するものを獲得する社会的・経営的過程である】

という、こういう説明をしているんですけれどもなかなか実際すっと心に入る意味合いではないと思っています。

実際それを ウェブ 上でやると言っても、さてどうすればいいのかとなってしまいませんか?

私は思うんですが

ウェブマーケティング(Web Marketing)とは恋愛に置き換えると非常にわかりやすいものだと思っています。

つまりどういう事かと申しますと先ほどのマーケティングの定義ですね。

つまりこういう言い方ができるんではないでしょうか

マーケティングとはですね、

男性は何もせず家に閉じこもっていてまあニートだとしましょう。

部屋の中で外に一歩も出ないで彼女が欲しい、

どうして彼女ができないんだ。

とどれだけ強く願っても神様に御願いしても一生彼女をつくることはできません。

まあ当たり前ですね。

女性から振り向いてもらうにはその男性に何らかの振り向いてもらえる価値がせめてないとどうしようも無いわけです。

つまり男性が女性に対して自分がこんな価値があるよ。

スポーツが出来るよ。

勉強が出来るよ。

優しいよ。

何でもいいんですけど自分の価値を見つける。

もし価値がなくても、自分に価値が何かしらでるように想像でもいいと思います。

これさりげなくですが重要なことを伝えています。

あとはその価値を、それが受け入れられるかどうか実際の女性に見てもらう、提供してアプローチをするのが重要です。

先程のニートではアプローチしませんので女性と付き合うことなど出来ないです。

これニートだけでなく経営者にも通じるのですが売る恐怖というものがあります。

これは別の機会にお話しするとしますが、その後その女性がその価値を OKだよということであればこの男性素敵となれば女性の愛情と交換することができる。

これはつまり女性がその価値を必要としてる。

女性が望んでいるものと合うことが重要なんです。

これをどうやって形にするかというプロセスがマーケティングであるという風に考えることができると思います。

まあこんな形でこれをウェブマーケティング(Web Marketing)を恋愛に考えるだけでなかなかですね女性は難攻不落の要塞みたいな感じに思えるのですが、まぁ、これを攻略できれば商品を売るというのは本当に何の造作も無く簡単に売ることが出来るんじゃないでしょうか。

私はそう思います。

ウェブマーケティング(Web Marketing)とは?顧客ベースウェブマーケティング(Web Marketing)の考察

次にウェブマーケティング(Web Marketing)の中で顧客ベースを主軸で考えてみてもいいと思います。

先ほどと同じように角度を変えると。

顧客ベースとはつまり女性中心である。

女性から始まる女性視点。

女性ベースウェブマーケティング(Web Marketing)という意味になります。

女性の側に立った女性を大切にするウェブマーケティング(Web Marketing)。

もっと簡単に言うと女性と仲良くなりたい。

女性が好む、この男性最高といえるような男になる。

その価値をどうやって見つけて提供できるのかという考え方です。

まあこれもですね女性という名前に置き換えるだけで非常にわかりやすくなります。

でもこれ恋愛で考えるとまあ当たり前じゃないかというような考え方ですね。

実際この考え方が出てきたのは高度経済成長期でして、まあその時にはどんどん物が売れていったんですね。

でも経済がそのうちバブルがはじけてだんだん物が売れなくなって行くと経済が停滞します。

このとき企業はどうしたかといいますと。

以前の企業目線で見た男だったらコレを売るぞ。売れて当たり前だ。

これを売りたいと思った商品を売っていたんです。

その商品が売れなくなってきた時に考え出されたマーケティングの考え方ということです。

そこで考え出されたのが顧客ベースマーケティングなんですけれどもまあ考え方によって当たり前の話ですよね。

女性のニーズを知ってニーズに沿った価値を女性に提案して女性との長期的な関係を維持していく。

つまり結婚と一緒です。

これは本当に女性の心を掴むことができれば女性の方から私のところに愛情を注いでくれるだろうということです。

この手に関して企業でいえば物を売るにしても女性を振り向いてもらうにしろ【心に切り込む】ということですね。

企業でもとても難しい問題だとと思います。

女性と長く生涯にわたる良好な関係をどうやって維持するのかっていうのがこれ男に与えられたホントに難しい命題ですよね。

ウェブマーケティング(Web Marketing)用語で生涯価値と言いますライフタイムバリューという意味なんですけれども夫婦生活そのものですよ。

ライフタイムバリューを構築した男がこの世に何人いるのかというところです。

これができてる男は相当しなやかな神経とたくましい精神力があると思います。

まあ逆に言えばそこまで考えることができる男であれば企業を立ち上げてあらゆる商品を売ることができるんじゃなかろうかとも思います。

つまりですね。

いいでしょうかマーケティングぽく言えば

奥さんからからですね旦那さんは高いロイヤリティに裏打ちされて高い価値の旦那さんを維持することができれば奥さんはから抜群のシェアを維持することができる。ということです。

つまり奥さんと良好関係を築いているおしどり夫婦ですよ。

そうするとお小遣いも増えるだろうし。

夜のおかずは一品増えるということです。

これ会社で言うと宣伝費削減であるし。

これは奥さんに対してのプレゼント削減ですよね。

付き合う前は振り向いてもらおうと出費が多かったと思います。

あと企業でいうところの流通経路を削減できるというのは

旦那さんがゴルフのドライバーが欲しいといえば、あの手この手を使うまでもなくと奥さんがひとこと買っていいよと決済が出るということになります。

決済意思決定経路削減です。

これできてる旦那さん一体何人いるんでしょうか?

つまりこれ何も言わず多くのメリットが出てくるという手法です。

ウェブマーケティング(Web Marketing)のカタカナで見るとですね。

非常に難しくなるんですけれどもこの恋愛の考え方でいくと非常に分かりやすくなりますよね。

ウェブマーケティング(Web Marketing)とは?パーソナルウェブマーケティングの考察

これ他に言い換えるとパーソナルウェブマーケティングともいえます。

まあこれもですね女性で言うとまぁ平たく言うと先ほど言った顧客ベースウェブマーケティングと相通じるものがありますよね。

このパーソナルマーケティングがでる以前の考え方はですね、ものすぐ単純に言うとマーケティングっていうのは十人一色という考えかたでした。

つまり女性が10人いるわけですから10人の女性がひとつの色で捉えていたわけです。

これ、ちょっと考えればですね、これは明らかに間違っているしで後その間違いに気付いたのかパーソナルウェブマーケティング。

別名ターゲットウェブマーケティングという考え方です。

10人女性がいて10人全員が同じ女性であると考えるのはおかしく、パーソナルウェブマーケティングになって正常な考えかたになってきた考え方ですね。

これ極端に言えば一人一人の状況に応じてウェブマーケティング(Web Marketing)を変えていくということです。

ウェブマーケティング(Web Marketing)業界では先ほど言った10人10色まで細分化して考えるパーソナルウェブマーケティングというものが究極系と言われています。

しかしですね恋愛に例えると結婚する女性は一人でありますしそれから考えても恋愛はそもそも究極系のウェブマーケティング(Web Marketing)をはるか昔から男性と女性は既にやっていたと考えることができます。

ウェブマーケティング(Web Marketing)とは?アドボカシーウェブマーケティングの考察

この考え方なんですが

現在も今テレビとかCM とかやっているマスウェブマーケティングですが

だいたい今現在言われていることは人の心・顧客の心を掴めていないと言われています。

実際ですね一人の男性が3人5人10人女性の心をつかもうとしている姿ですからそれを端から眺めている女性と良好な関係を維持するのは難しいですし男性自身が何人もの女性に心が揺れ動いてる状態ですからそんな男性に女性は興味はもてません。

確実に女性の心に切り込むにはことができないと言うことです。

企業も実際そういうマーケティングをいままでやっていたということですね。

これではいけないとそこで考え出されたのがアドボカシーウェブマーケティングです。

これもですね一言で言うと顧客を心底信頼し支援するに行き着いたという考え方です。

その結果として信頼される企業になる道が究極の道ということになるんですけれども

これも恋愛でいえば1人の女性を心底愛し女性から信頼してもらってそばにいて自分を支援してもらうまあこれあの仲の良い夫婦のでもいいですして彼氏彼女でもいいですけども男女にとってですねその関係が良好であればあるほど5倍にも10倍にも旦那さんの力がつきます。

これ何の力考えてみてくださいね。

これをですね今改めて気づいたかのように名付けているのがアドボカシーウェブマーケティングとなります。

ウェブマーケティング(Web Marketing)とは?One to one ウェブマーケティングの考察

さらに One to one ウェブマーケティングという手法なんですけれどもこれ1回にですね一人の顧客でビジネスを行うという考えです。

まあこれも当たり前なんですが女性一人に対して真摯に関係を仲良くしたいという思いを伝える。

その手法ということです。

これOne to one ウェブマーケティングの考えを簡単に言いますと好きな女性のニーズや好みを収集分析する。

これだけ書けば。まあこれちょっとあの犯罪の臭いがしますけれどもこれはウェブマーケティングの話ということで聞いてくださいね。

であとこの情報を収集するんですがこの画期的なことは女性と直接話して聞くということなんです。

女性その方の性格や趣向に応じて自分からアプローチをカスタマイズしていくということ。

10人女性がいれば10人分の女性専用のものが提案されるというのが One to one ウェブマーケティングの考え方です。

じゃあこれ本当にウェブマーケティング(Web Marketing)でどのような形で行われているか有名なところでお話しします。

ウェブマーケティング(Web Marketing)とは?Amazonの戦略

Amazon もですね One to one ウェブマーケティングと代表格と言えます。

日本では2000年に営業を開始しています。

最初はインターネット上の本屋さんだったんですけれども今現在見られる通りですねデパートみたいな形になってますね本当に何でも 商品をそろえています。

顧客のですね考えと言うか思いをかなり汲み取っている企業で真っ先に何か買おうと思ったらとりあえず Amazon を見ようと誰でもそういう風考えるウェブマーケティング(Web Marketing)を展開しています。

まあ一番の機能これリコメンデーションっていう機能なんですけれども購買履歴や検索履歴を 分析していくんですね実際画面上におすすめの商品を提案してきます。

よく見かけると思うんですけれども 【この商品を皆さん買っています】

あと【この商品とこの商品を合わせて買うとこの金額になります】これですね。

非常にうまいですね

これクロスセリングです。

非常にうまいと思います。

あとまぁ今は色々言われてるんですけれどもカスタマーレビューですね

読者の評価を星で表しているんです

けれどもまあ現実にですねこのコメントを見て買うか買わないかの参考にしています。

ウェブマーケティング(Web Marketing)ですから実際商品を手に取ることができませんのでコメントを載せているということです。

で後頻繁に買う顧客にですね

Amazon プライムというプラプログラムもあります

年会費を納めるとですね商品が少額1500円未満であっても配送料が無料になるというものです。

あと商品なら新品ではなくて中古品も扱っています。

個人売買の形になるんですけれども 非常に取引が多いです。

商品の配送経路なんですが現在配送でどの位置にあるかと言うことも顧客に提示しているということです。

これは最近の注文状況という形ですね。

どのあたりまで商品が届いてる。

自分の住む町の近くまで来ている。

もうすぐだ。

ということですね。

まぁ昔の出前がなかなか来なくてですね

今出ましたと中華料理店から言われるんですけれども実際は出てないですよね。

これやられると到着までイライラすることになるのでそれがなくなるということです。

あと自分が欲しい商品ですね

いつか欲しいと思うものであれば欲しいものリストに乗せて必要な時に購入するという形ができます。

これもなかなかにくい機能ですね。

一人一人顧客にあったサービスがよく出ている企業です。

ご自身のウェブマーケティング(Web Marketing)の参考にされてください。

ウェブマーケティング(Web Marketing)とは?対極にあるアムウェイ戦略

最後にウェブマーケティング(Web Marketing)とは対極にあるアムウェイをお伝えします。

これはですね二人のアメリカ人が作った会社です。

このビジネスモデルは非常に定評があります。

一番は商品が本物であると信じていただけるものを提供しているということです。

栄養補給食品・空気清浄機・化粧品調理器具もう400から500ほどのですね日用品で構成されています実際対面でのワンツーワンウェブマーケティングの形を徹底してる企業です。

これは販売者がですねその人の前で実演をして商品が本物であることを伝えます。

もう究極の One to one ウェブマーケティングですね

非常にうまくいっているビジネスモデルとなっています。

あとお客さんがですね製品に満足しなかった場合100%現金返金保証となっています

自分とこで作った製品に対して最大の自信を持っているという形ですね。

こちらもウェブマーケティング(Web Marketing)で応用がきく手法ですので紹介しました。

ウェブマーケティング(Web Marketing)とは?そもそも新しい概念なのか?

最後にお伝えした One to one ウェブマーケティングというのは一対一で対面でやるウェブマーケティングなんですけれども実際はもう古くからある手法です

焼き直した感があるといえばあります。

まあ顧客と電話で応対する対話型ウェブマーケティング。

あと Eメールなどで行う文字です文字型ウェブマーケティング非常に古典的なんですけれども今でも最高に通用するという手法で頻繁に活用しているウェブマーケティングだと思います。

まぁ結局小難しいことを言っても実際に会って話してみようかとか

酒を飲みながら話しましょうよ

結構これが決め手になるビジネスが多いと思います。

今では古くさいという手法ですが

こちらもウェブマーケティング(Web Marketing)で応用が効きます。

では、戦略的バトラックスマーケティングではどうするのかということですが
わかりやすく言いますと
マーケット市場の強者からの影響を受けない強さを伝授致します。
 
強いて言えばあらゆるマーケットの承認欲求からの解放を
バトラックスマーケティング戦略として伝授します。
 
本来の目的や強みを構築する
頭一つ抜けたマーケティングとなります。
 
伝授する内容は

戦略的バトラックスマーケティングの基礎
相対的なマーケティング技術の取得
誤視認性のマーケット理論
神秘性マーケティング
独自路線のマーケティングルール
バトラックスマーケティングの戦略方法
バトラックスマーケティングが成立する条件

を伝授していきます。

興味のある方はこちらからどうぞ

メルマガは、
こちらからご登録ください。

LINEは「@kazuya」で検索するか
下のボタンからご登録ください。

友だち追加